映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~の作品情報・感想・評価

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~2018年製作の映画)

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」に投稿された感想・評価

りりこ

りりこの感想・評価

4.3
中華街が小汚い食べ歩きの街になってしまった絶望感にドンピシャ。中毒性のある味に汚染されても、地道に普通の生活してたら生き返るのも、どんな解決策より納得。「オラ正義に勝つ」に涙してどっぷりハマってしまった。おいコラ、中毒性あるぞ、しんちゃん笑
正義と正義がぶつかり合う名作
moco

mocoの感想・評価

4.0
最後のダンスが頭から離れず、何回も再生したか…笑
今度は何をやってもダメなマスオくんがメイン!
いやぁマスオのことが更に好きになりました笑
安定の面白さでした!
な

なの感想・評価

3.0
昔の作品というか全盛期のものと比べるの良くないかなと思うけど、だんだんまとめ方が雑になってる気がする……
piyo

piyoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

かなり面白かった!

まさかティピカルで横暴な敵を倒した後、味方が正義の悪になるとは。
今までのしんちゃんには無かった展開!
冒頭にランちゃんが言っていた、カンフーは使う人によって善にも悪にももなる、が本人にかかってくるとはなあ!

そして、マサオくんのストーリーを丁寧に描いてるのがすごく良かった。
才能がなくても、地味に続けることが大切って自分で気づくことができて。

シリアスによっていくと挟まるおバカなシーンが子供も絶対楽しめるな〜!と思った。大人帝国はすごく好きやけど、子供には面白くないかな?とも感じるし。

場面転換が多いのに綺麗に繋がってたし、全てのシーンに説得力があって良かった〜。

めちゃ楽しい映画でした!
最高だぜマサオ!

先に始めてた優越感。先輩ヅラ。
後から入った人に抜き去られる劣等感。嫉妬。
報われない努力への行き場のない怒り。果ての八つ当たり。ヤケクソ。

人間性を体現するマサオが最高。

そんな大人向け側面を帳消すぷにぷに拳のくだらなさも最高。敵が使う闇突拳は割と怖い。笑
taka

takaの感想・評価

3.6
まずマサオ君がプロジェクトAの歌を口ずさみながら路地裏に消えていくカットが120点満点に良くて笑った。インサートで入る修行シーンや、敵と対峙する場面の構えの外連味などカンフー映画のツボは押さえている印象。
全体的には真面目な人が作った笑いという感じがして、原監督の時代の飛び抜けた謎の感動と笑いのレベルまではまだ到達していない感じ。
ただ終盤のマサオ君の良さを出し切った演出と真の倒すべき相手の登場、そしてストレス社会へのしんちゃんなりの答えが込められていて素晴らしかった。
えみ

えみの感想・評価

3.6
これ北京であったラーメンにケシの実【麻薬】混ぜてリピーター増やそうとした事件をそのままパクったストーリー???

しんちゃんは馬鹿に見せて凄く頭が良くて優しい

しんちゃんが、お父さん、お母さん、シロの面倒みてるシーンとか感動する
RuiKiyo

RuiKiyoの感想・評価

3.4
夏だ!おもいっきり笑いたいと思い観賞!ブラックパンダラーメン🐼🍜の中毒さは異常だけど、春日部防衛隊の絆なかなかよかった!💗
>|