ラフマン

セント・エルモス・ファイアーのラフマンのレビュー・感想・評価

2.5
80年代のアメリカを象徴するような映画。ふらふらと浮き足立っているような中途半端な時代。ファッションも音楽も基本的にダサい。嫌いではないですけど何となく恥ずかしい。
映画「ブレックファストクラブ」と同時代に製作されていてキャストも何人か被っているので最初は続編?って思いましたが関係なかったですね。そもそも「ブレックファストクラブ」と決定的に違ったのは出てくる登場人物7人の誰一人として共感できなかったところです。
「リアリティバイツ」の80年代版ってところかな。
80年代を知るにはちょうどいい映画です。日本の80年代90年代初めのトレンディドラマってこの映画を参考にしてるんだろうな。