遥美沙樹

ホース・ソルジャーの遥美沙樹のレビュー・感想・評価

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)
4.2
9.11のあと極秘裏にされていた真実を明かした原作を、CM畑のヨーロッパ人監督が、超大御所プロデューサーと超大御所の脚本家と共に、短期低予算で作り上げたと後で聞いて驚愕。素晴らしい作品でした。これは、どちらにも偏っていない国生まれの監督だから良かったのかな。はじめてアフガニスタンの人たちの考えをまともに観た気がしました。(女は8歳で教育は要らないとか本当の話ですってよ!)それはもうナヴィド・ネガーバン(ドスタム将軍)のおかげ。す、すごい演者さんです。一言、一言が重い!!兵士と戦士の違いを語るシーンや、自分の上には神しかいないと発した目に全く迷いがなかったり、とにかくかっこいい!見せ場もたくさんあったんですが、彼が現地人風のエキストラの殆どを用意したそうですよ。彼なくしてこの作品の完成はなかったでしょうね。映像も2001年頃の武器を意識して作ったと思うのですが、もうあの時点で日本は絶対に勝てないと震えました。アメリカ怖い、アメリカの財力が怖い。にしても、死を歓迎する宗教と、死を終わりと説く概念と、いつかこれは決着がつくんですかね…。戦争して得をするのは一部の企業だけです。とりあえず人を否定するのは止めよう。そんなことを考えながら観終えました。