みーこ

ホース・ソルジャーのみーこのレビュー・感想・評価

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)
4.0
“武器は魂と馬ー”

9.11直後、どこよりも早く現地入りし反タリバンの北部同盟を支援しつつ、5万ともいわれる最新兵器を扱うテロ集団相手と馬に跨り戦った12人の特殊部隊の姿を描いた衝撃の実話ー。



極秘任務だったとは言えこんな偉業を成し遂げた部隊が長い間世間に知られていなかったことに驚いてしまう∑(゚Д゚)


空爆の轟音と飛び交う銃弾、
自爆攻撃で弾け飛ぶ人だったものの欠片。
凄まじい戦闘シーンはまさに手に汗握る描写の連続で、幾度か訪れる部隊のピンチには生きた心地がしなかった。


また12人の隊員を率いるミッチ・ネルソン大尉がこれまた素晴らしい人物でしてね。


ミッション達成は勿論だけど、何より人命優先で“誰一人死なせない”“全員で国へ帰る”と言いつつ、ひとたび戦闘となれば誰より前に出て闘う姿勢と誠実さから部下に慕われ、尚且つその姿は一度は戦線離脱した北部同盟のドスタム将軍の心をも動かしたのでしょうね。


そんなミッチ役を見事に演じ切ったクリス・ヘムズワースが本当に素晴らしくカッコ良くて鑑賞しながら何度もニヤニヤニヤニヤ…(//∇//)


ソー意外のクリヘムなんて…と思った時期もあったけどとんだ杞憂でした。


激しい戦闘シーンの合間には彼らの帰りを信じて待つ妻と子供たちの姿があり、残された家族もまた違う意味で戦ってるんだな〜と思わされる。


それにミッチの部下達もそれぞれ良い味出していて、特に北部同盟の少年兵士と束の間の交流をみせるベン隊員の描写はとても良かった☆


活躍したのかどうか微妙だったマイケル・シャノンが演じたハル准尉のヘルニアで腰が〜って乗馬シーンは本当に痛そうで、終盤負傷した時より重症に見えたよ。笑


完全なる余談ですが…
9.11テロ事件が起きた年の9月に結婚した私はテロのせいでアメリカへの新婚旅行に行けなくなってしまったんです(´Д` )


なのでその一年後、当初アメリカだけだったプランにハワイも足して旅してきたのですが、テロ当時、旅行くらいのことで“とんでもない被害被ったわ〜”なんて毒付いていた自分が恥ずかしくなりました…ゴメンなさい…!