stne

カメラを止めるな!のstneのネタバレレビュー・内容・結末

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

金曜日の日本橋TOHOシネマズ、客層は主にサラリーマンのおじさんたち。少し疲れた様子の彼ら(というか僕たち)の、何がこれから起こるのだろうという微かな期待感が漂う。37分のワンカット、ノンストップムービーから後半、話はがらりと様相を変えていく。数々の伏線が回収されていく中、納得と笑い、そして感動がそこにはあった。

オープニングを経て映し出されるのはやや画質の荒い、一人称視点とも言えるようなB級パニックムービー。まるで意図的とも言えるような違和感のある表現と演技が続いてく。
そんなワンカットのゾンビ映画から一転、撮影に至るまでの過程、そしてその裏で起こっていた数々の出来事が快活に解き明かされていく。僕らは何にでも説明を求めてしまう生き物だから、前半の映像に抱くのは、何を見せられているのかという思いだが、その思いが色濃ければ濃いほど、そして物語に注視するほど、後半に入ればその霧が明瞭に晴れていくのが心地よい作品だった。

後半ではしっかり映画(明確な線を持った物語)になる。そして、作中の映画の監督、演者及びその周辺の人たちのどこかうまくいっていない日常が浮かび上がっていく。家族として完璧にはまとまっていない、仕事もいまいちな監督。なってない若者たち。アル中のおっさん、言いたいことを言えないメガネの青年、昔を夢見る主婦。時間にして数十分の描写のなかに、どこかしら共感できるポイントがある。さながら僕たちを見ているようなそんな気持ちを抱きながら、物語は″問題″の映画撮影に向かってく。そして予期せぬハプニングとサプライズが重なっていって、、、、。

″ゾンビ映画を撮ったやつらの話″という物語の下地を支える、登場人物の成長譚という大きな物語が浮き上がることによって、作品が単なるイロモノ映画にとどまらず、観客にカタルシスと納得を与えるものになっているのが素晴らしい。

最後のピラミッドの表現も秀逸だ。映画は多くの人の関わりによってできていて、たった数秒の映像に何十、何百の人が絡むことがある。そして、誰が地に足をつけ、その誰かがまた誰かを支えてくれるその先で、演者を撮るということができるのだし、作中で観れる笑ってしまうほどの彼らの必至の踏ん張りによって、こんな素晴らしい作品ができてくるのだ。エンドロールも含めて監督の映画愛が垣間見えて、笑いと少しの感動が劇場を包んでいた。
無理難題を押し付けてくる上で、現場のことを知らない上の人たちがさっさとお酒を飲みにいってしまうところなんかは、サラリーマンにとっては最高の描写で、日本橋においては一番に笑いが起きた場面だったのだが笑

資本主義が極度に発展した現代社会では、作品が大きくなればなるほど、様々な利権利害が絡んで面白味が薄れていく。そんな薄汚れた様にシケた感情を抱いてしまうことがあるのが昨今の映画界だけど、今作のような、ただ面白い作品を作ろうという監督の意気込みと、演者の熱が純度100%で混じりあった映画がこうした広がりを見せたことは、映画好きひいては日本社会にとってもいいニュースだ。

こんな作品を作ってしまっては、次回作は注目され、それを越えるのは容易ではないだろうが、上田監督、カメラを止めるな。応援してます。