ハリス56号

カメラを止めるな!のハリス56号のレビュー・感想・評価

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)
4.8
社会現象にもなってきそうな勢いでその信者を増やし続けている話題作、たしかに面白い。ものすごく面白い。

内容は、「ゴリゴリに面倒くさい性格のワンマン監督が廃屋でゾンビ映画を撮影中に…」という事以外何も知らずに見たほうが衝撃は走る!ポスターを見ると「この映画は二度はじまる。」って書いてあるけどそれは見なかったことにして忘れるべし。ただ、ネタを知った上で2回目を見ても最高に面白い。それはそれで面白い。
感想は「あぁ楽しかった。」以外なし!

出演俳優がみんな見たことない人ばかりで、制作費300万円って言うのもカルト化現象に拍車をかけてるのだと思う。だって、この映画1本作るのにかかったお金だと、同時期に上映していて全く面白くなかった『ジュラシックワールド』とか『ハン・ソロ』とかだと1分も撮れないんじゃないかな…って考えると爽快だし夢があるよね(^^)

とにかくブームに乗って見に行くべし。10年後20年後にスクリーンで見たことを自慢できる1本になるのは間違いない。