hoko

カメラを止めるな!のhokoのレビュー・感想・評価

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)
4.7
ひでえ出来だと一瞬笑った。無名・低予算と聞いてはいたものの、それにしても。
この作品をよかれと勧めて下さった職場のY先輩と、後日私は一体どんな顔をして何をどう語れば良いのだと。
最初は間違いなくそう思いました。むしろちょっと後悔さえも覚えました。でも。

だって、全く予想出来なかったんです。
全てを観終えた後に、もう一度最初から思い起こしてみると、もうどうしようもない愛しさしか感じられなくなるなんて事。
そこにも愛、ここにも愛、愛、愛、愛。
先輩のアドバイス通り、予告編含め、一切の前情報を遮断しておいたのがとても効いたんだと思う。

「監督も俳優も無名かつ、低予算だからこそ出来た映画であり、これと同じ事を著名な監督がやろうとしても出来るものではない」といった内容をたまたま目にして、その時には意味が理解出来ずにいたのだけど、映画を観終えた今ならはっきりと分かる。
「低予算映画」という宣伝文句により、私達は観る前から既に騙されており、観る前から既に彼等の手中にあったということ。
「酷い出来」と観客に一瞬でも思わせたなら、これは彼等制作陣にとって成功以外の何物でもないんだもの。
こんな映画があるか?あってたまるか?こんなのずるいよ!

ちなみにこの映画では、大きな種明かしが二度行われています。
発見が二重にも重なり、その度に膨らむ喜びを是非味わって貰いたいです。

Y先輩にはこの映画を勧めてくれた事に本当に感謝しています。