なべ

カメラを止めるな!のなべのレビュー・感想・評価

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)
2.0
クソおもしろくないから観てみて、と妙な勧められ方をしての鑑賞。映画の成り立ちを聞いただけでだいたいの仕上がりが予想できて埒外にあった映画。世間の評価がどう高かろうがまるで信じてなかった。

果たして結果は予想通りの出来。脚本は入れ子構造になっててよくできてるが、それを表現する演者の技量がひでえ!
これってうまい役者がやってこその脚本じゃんよ!

冒頭のワンカット生放送シーンは退屈を通り越して苦痛でさえあった。もしこれが松たか子だったら、梶原善なら、鈴木浩介なら…みたいな脳内変換をして何とか凌いだ(この妄想のカメ止めはとてもおもしろそうよ)。そうした役者なら、こんな仕上がりには絶対なってないはず。ちゃんとコンセプトを踏まえた上で拙さを演じてただろうから。てか、本来それが当たり前のことであって、この映画がひどすぎるんだと声を大にして言いたい。拙いことと拙さを演じることは全然違う。
あとでおもしろくなるから最初はつまらなくていいという理屈は映画では成り立たないはずだ。ゼミ作品だからと許されるものでもない。少なくとも金を取る商業映画ならば、下手なりに守るべき基準値というものがあるだろう。いや、下手でも映画への溢れる愛があるならまだ許容できる。これにあるか?愛が。高校生が文化祭で上映してる作品の方がずっと愛に溢れてるよ。
結局、ENBUゼミのワークショップには荷が勝ちすぎた脚本。このいびつさを良しとする見方もあるのだろうが、ぼくは無理。まずいラーメンを出されて、不味くなった理由がわかっても、まずいものはまずい。ぼくの評価は変わらない。不味い見かけだけど、食べたらめっちゃ美味いなら良し。

だいたいドラマパートに入ってからもつまらんじゃん。各エピソードは知らんがなの連続だし。種明かしメイキングのパートでようやく見られるようにはなったが、それすらそれまでの伏線(目配せしすぎ!)でだいたい予想できてるからね。ぼくには意外性の全くないネタばらしだったのだが、これをおもしろがれる人が逆に羨ましい。これでおもしろいと思うなら、ヘレディタリーやサスペリアの伏線は理解不能なんじゃないか?

みんな感性のハードルを限界まで下げられたせいで、相対的なおもしろいを本当のおもしろさと勘違いしてるんだと思う。もちろんその錯覚に満足してるならそれでもいいけど、本当におもしろいものをつくろうとしてる他の映画は立つ瀬がない。

とまあ、散々愚痴りましたが、評価してる人を貶すつもりは全くありません。てか褒める人の方が圧倒的なんだから、ぼくの評価なんて屁のツッパリにもならんでしょ。
これを書いたのは、全然おもしろくないと思いながら、世間が褒めそやすので「自分の感性がおかしいのだろうか」と悩んでる人に安心してもらいたいためです。