カメラを止めるな!の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

カメラを止めるな!2017年製作の映画)

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:96分

あらすじ

「カメラを止めるな!」に投稿された感想・評価

シュウ

シュウの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

本当に何も知らずに見られたらきっと面白かったろうにという映画。
2段の3幕構成とか映画撮影の話という情報ですら、知らなきゃよかったと思った。

山奥の廃墟となった水道局でゾンビとなった青年(長屋 和彰)に涙ながらに刃を向ける女性(秋山 ゆずき)、そしてそれを取り囲む撮影クルーたち。
彼らはこの廃墟でとあるゾンビ映画の撮影をしている。
しかし監督(濱津 隆之)のリアリティを突き詰めるこだわりのあまり、現在のシーンだけでもう42テイク目。
キャストも撮影スタッフも完全に疲れ切っていた。
一旦休憩を取ることになり談笑していたが、なんとそこに本物のゾンビが現れる!
撮影クルーたちはもう撮影どころじゃないと逃げ惑うが、監督はこの本物のリアクションが欲しかったと、カメラを回し続ける。
何を隠そう、ゾンビを招き寄せたのは監督自身、どんどんと感染者は拡大していく中、彼女たちは逃げ続ける。

前半は1カットのゾンビ映画、後半からはそれを撮るに至った理由、そして撮っている最中のごたごた、いわゆる種明かしパートの3幕構成。
まずとにかくアイデアが面白いし、伏線を張ってそれを回収しきるまでを96分でしっかりとまとめ上げるテンポの良さと分かりやすさはよく出来てると思う。
そしてこれが全くの無名のキャストたちと低予算で作られた、シンデレラみたいな道筋を辿っていることも、この映画に箔をつけている理由の1つだろう。
色々とやいのやいのと言われる邦画業界で、こういう映画が作られて、しっかりと評価されて、ちゃんと売れるというのは間違いなく喜ばしいニュース。

でもやっぱり自分が観た上での率直な感想は、確かに面白いとは言え過大評価が目立つなと思った。
別に演技力とか求めてないし、どんな話であっと言わせてくれるのかと楽しみにしていたけど、最初の1幕目で大体こんなことが起こってんのかな~とか考えながら観てたら、本当にそれだけでもう驚きとか全然無い。
自分の中で決まってるゴールに向かって特別な捻りもなく話が進んでいくだけだから、答え合わせまでは退屈で仕方ないし。
こればっかりは分かりやすくするための弊害なのかもしれないけど、もう少し色々とこんがらがったって良いんじゃないか。
ここで生放送の途中で、娘に感化された監督が耐え切れずにプロデューサーにブチ切れて撮りたいものを撮るんや!みたいな話になれば熱い展開やなとか思ったりもしたけど、そこら辺のドラマもオーソドックスで惹きつけられなかった。
もしかしたらあまりに評判になりすぎて、基本的に観てない映画の情報は本当に触り程度にしている自分ですら知りすぎてたのかも。
それか映画業界の話だし、映画業界に身を置いてたのならリアリティを感じて楽しかったのかも。
何にせよ、普段邦画を観てない自分ですら、これより面白い邦画なんてもっとたくさんあるだろうにと思ってしまったし、やっぱり口コミとか広告宣伝ってのはバカにならないなって思った。

挙句、盗作疑惑?原作者からの許可?とか色々ときな臭い話も絶えないわけで、監督もキャストも次にどんな映画を撮るか・出るかで才能や実力の有無とか評価とか諸々が決まりそう。
今更のレビュー笑
1回目はロードショーで
2回目は未鑑賞の方に誘われて…



まず、大切なのは冒頭でどんだけ
心キャッチしてくれるか。
そう考えると、開始早々退屈で
その退屈さが30分も続く。
映画館なら確実に出て行ってた(´-`)←

最初さえ耐えれば
むっちゃ!面白いから!!!!

って口コミを知ってたから
1回目の鑑賞も最後までとりあえず
観れたけれど…

まず、その点が残念部分。


次に、低予算やけど!にしても!
俳優の大根具合と血糊の質の悪さが
見てて苦しいというか…
そんな感情にさせるとかあかんくない?!
って個人的に思ってしまってw
(学祭とか無料上映とかならいいけど)

同じ低予算の作品と比べると
かなり質の悪い印象で残念。



トータル、
そんな絶賛されるほど?ってのが
正直な感想でした(-_-)




ただ、耐えたら笑える!って口コミは
確かにその通りで、
後半でクスクス笑いが起きた!
伏線の回収ってそーゆーことか!って
構成は割と好きやったけど…
ハッとさせられる回収でもないし、
なんなら同じパターンやから
どんどん飽きてしまって…


好みなんやろーけど、
わたしには合わなかったかな◎
毒吐きすぎたレビューで
すみません (*_*)
低予算ながらこの面白さ、という話題性はとても理解出来ます。B級映画だということを念頭に置いての視聴。
前半丸々フラグを立て、後半同じものを逆側の視点から映し全て回収するといった作りで今までに無い見せ方がすごくいい構成だと思います。

ただ、やはりお金がしっかりとかかった全国ロードショーの映画と比べるとなると話は変わってきます。
同じような話題性でパラノーマル・アクティビティというホラー映画が数年前に流行しました。あの映画は「低予算にも関わらず他の映画に負けず劣らずのクオリティで面白い」と思ったのですが、こちらは「少ない製作費で作ったにしては面白い」と感じるに留まりました。この違いがとても大きいです。自分は前者を期待してしまっていたので残念に思いました。
まつこ

まつこの感想・評価

2.5
最初の30分我慢すれば伏線回収のオンパレード!最高の映画!みたいなレビュー沢山ありましたが、観てる最中になんとなく終わり方とか想像ついてしまって楽しめなかった、美大の卒制レベルでは…
映画館で観なくて本当によかった
kkgoing

kkgoingの感想・評価

4.5
どんぐりさん
Shintaro

Shintaroの感想・評価

4.0
前半面白くないというのはわからなくもないだけど後半いろいろ持っていかれる
よく出来たなかなかな作品
自主映画の勢い熱い。ただのゾンビ映画ではなかった。予想できない展開だったので意表をつかれたが、爽快感がのこる映画でした。ゾンビとほっこりってなかなかない体験だから、すごい。でも、二回目は観たくないけど
4943

4943の感想・評価

5.0
言うことがないくらい良くできた作品。
序盤のB級ホラー映画、後半のストーリー映画、その2つをコメディで繋いだ感じ、全て綻びなく成り立っている。
みんなで楽しく頑張って作った映画って感じで…とても好き。
M

Mの感想・評価

4.3
テレビで見ましたが
最初はよくわからず面白いのかわからなかったが後半の種明かしに入ったところからこういうことだったのかと面白くなりました。
yu

yuの感想・評価

3.9
記録☺︎
>|