ゲル

愛しのノラ 幸せのめぐり逢いのゲルのレビュー・感想・評価

3.0
良くも悪くも猫に癒されるだけの作品。
九十九朔美役の水澤紳吾の、ダンカンと前野朋哉を足して2で割ったようななかなか味わい深い表情も良かった。
ただそれだけ。
情緒的な作品かと思ったら、日記の読み上げ方式が説明的すぎて……。
もう少し、考える余白が欲しかった。
何か事件が起きても、想像した通りの結末を迎えてしまう。
ストーリーに起伏がないので、何も考えずに観る分には良いかもしれない。
わざわざ劇場で観る必要性は感じなかった。
『こっぱみじん』が個人的にとても良かったので期待しすぎてしまった。
音楽はきれいだった。