HeroM

ファントム・スレッドのHeroMのレビュー・感想・評価

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)
3.9
歪み、狂気、衝突、嫉妬。増大するエントロピーが新しい愛の形へと昇華される。

前半でアルマに感情移入した観客の胸ぐらを掴んでガクガク脳みそを揺さぶる後半。
それは我々の愛に対するステレオタイプに衝撃を与える。
この不思議な感覚は観る人を選ぶか。

衣装賞にふさわしい素晴らしいファッションとそれを使ったメタファー。華やかだが禍々しい。
この危ういバランスがこの映画の魅力である。