シュウ

ファントム・スレッドのシュウのレビュー・感想・評価

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)
3.9
神経質なおじいちゃんVSメンヘラお姉さんの恋愛大バトルな映画。
さすがにこれはいくらなんでも茶化しすぎかも。

1950年代、ロンドンで一流の仕立て屋として名を馳せるウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)は、高齢ながらもイギリスのファッションで大きな地位を確立していた。
成功者でありながらも独身で姉のシリル(レスリー・マンヴィル)と暮らしていた彼は、ある日立ち寄ったカフェで純朴な女性アルマ(ヴィッキー・クリープス)と出会い、恋に落ちる。
一方で、アルマもそんなウッドコックに惹かれて、程なくして一緒に暮らすようになる。
しかしウッドコックは根っからの職人気質、仕事のこととなるとアルマは眼中になくドレス作成にのめり込む。
初めこそよかったものの、そんな生活に少しずつ不満を募らせていくアルマは、そもそもなぜここまで地位と名誉を得ている彼が今まで結婚しなかったことに疑問を抱くのだった。


とにかくこの映画の見どころと言えば、世に知れる名優ダニエル・デイ=ルイスの素晴らしい演技を、これまた若き名監督のポール・トーマス・アンダーソンによって余すことなく楽しめるというところ。
お恥ずかしながら自分はダニエル・デイ=ルイスの映画もポール・トーマス・アンダーソンもほとんど、というかどちらとも1本も観たことがないはず。
でもそんな自分でも分かる、この映画は間違っても普通の映画なんかじゃない。
とにかく映像というか、シーンの1つ1つが静かで美しい、そしてドレスのデザイナーの話だけあって衣装も華麗。
ここぞというシーンとなるとまるで絵画のようにさえ見える。
そこにダニエル・デイ=ルイスの繊細な演技力が加わる。
やっぱりアカデミー常連の名は伊達じゃなかった。
残念なことにこの作品を最後に彼は俳優業を引退ということで、こんなことならもっと早くに彼の作品をたくさん観てからこれを観れば良かったな。

端的に言えば完全主義のおじいちゃんに恋して結婚しちゃった女性が、なんとかして彼の人生の1番の存在になろうという話。
主人公のウッドコックは確かに亡くなった母親をいつも心のどこかに引きずっており、結婚したにもかかわらずその壁を越えられないアルマは不満を募らせていく。
実際には母親というか、母親の縫うウェディングドレスのような美しいものに執着してる節があるんだけど。
でも、そりゃあそんなスタンスでいれば当然のラストがやってくるし、そこで思いとどまっていたとしても、今度は子供ができたときに同じようなことでまた同じようなことでどうするってなってそう。
アルマはもちろんウッドコックに惹かれて結婚したわけで、でも当のウッドコック本人は美しさ至上主義、自分の仕立てる美しいドレスを美しくこなして見せるアルマに惹かれてしまったようで、酷い言い方をすれば専属マネキンぐらいにしか見てなかったのかも。
結婚での考えや思いの行き違いというのはよくあるテーマだけど、この映画では揉めて当然な理由だった。

それでも極限まで映像美が高められるとこんな感じになるんですね。
やってることはもう途中からサスペンスなのに、同じような「ゴーン・ガール」とはまるで正反対の印象だった。