ファントム・スレッドの作品情報・感想・評価

ファントム・スレッド2017年製作の映画)

Phantom Thread

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:130分

3.8

あらすじ

「ファントム・スレッド」に投稿された感想・評価

本作、今までのPTA監督作と比べて、何かニュアンスが異なる。撮影を監督自身が担当したって噂もあって、これが影響しているのか。それともアメリカを離れて、イギリスの話にしてるためか。
主人公のダニエル・デイ=ルイス演じる、レイノルズが新たなミューズ候補として、ビッキー・クリープス演じる、エルマの身体を採寸するシーンがなんともエロチック。細かいんだよね。採寸する側も、される側にも微妙な心理描写があって。その後に、レスリー・マンヴィル演じる、姉が出てきて、エルマを凝視した後、「この娘、いいんじゃねー」って感じのセリフが入る。この姉弟の関係性を知らしめてんだよね。
前半は、レイノルズのセンシティブさが中心で。朝食の時に、何か不愉快なことがあると、その日の仕事に影響しちゃうから、気を付けなさいって、まあ凡人には理解しがたい。こんなところを上手く表現している、ダニエル・デイ=ルイスは、名俳優だよね。でも本作が引退作?惜しいよ。
後半は、エルマの愛情が屈折していって、レイノルズはそれを受け止めるってストーリー。キーアイテムは、キノコ。でもね、ミステリーとしては陳腐さを感じたんだけど。
本作は、PTA監督の新境地ってことでいいのかな?解りやすさもあって評価も高いのか?私としては、「ブギーナイツ」や「パンチドランク・ラブ」の方が好みだけど、こんな作品は、もう作ってくれそうもないし。
るじ

るじの感想・評価

4.0
あれが分かり合えるんだったら愛し合っている以外のなにものでもない
McQ

McQの感想・評価

4.2
煌びやかな衣裳を始め、クラシカルな映像の質感に早々ノックアウトされてしまいそうだが、それらに埋もれる事なく役者陣のキャラが濃厚。しっかり演技で見せてくる!

仕立て屋レイノルズ演じるダニエル・レイ・ルイスは「ゼア・ウィル〜」の時とはまた別人のようだった。多くの女性を虜にするカリスマ的一面と、人命よりもドレス命!仕事人間を通り越したくそじじいとしての一面、、この使い分けが実に見事である。

アルマにとってはドレスなど二の次だ。しかしながらレイノルズにとっての彼女は完璧な〝着せ替え人形〟でしかないのである。正直、レイノルズのような人物が身近にいたら息が詰まりそうだが、お前のペースにはさせん!とばかり我を貫き返すアルマもまた中々のやり手である。レイノルズの姉シリルがサラッと吐く言葉(毒撃!)にも注目だ。

昔はPTAの新作と言われたら直ぐさま飛びついてたのに、このタイミングで(めっちゃ今更)観るというのは、正直関心が薄れてたからだと思うが、ここに来て希望の光が見えた気がした!
脱帽。
美しかった。
穂積

穂積の感想・評価

3.5
悪くはないけど本当に淡々としてる
お話としては静かに進んでいくけれど、全編通して画面がひたすら美しいので、全く中だるみせず見られた。出てくる衣装もとても素敵。
レイノルズが本当に気難しいけれど、自分の旦那と似ている所もあるので笑、サプライズのシーンなんかはどちらの心情もよく理解できた。でもまさかあんな愛の形に辿り着くとは。
本人たちが幸せそうならそれで良い、これに尽きる。
ストーリーはものすごく期待してたからそこまでではなかったんだけど爆発的な才能とあまりにも決められてる生活と耳が痛いくらいの静寂と、みたいなほんとに激しいのが拮抗しててすごい映画だった
暖炉の火とかドレスがきれいなのとか、映像美はとてもあるよね
狂おしい愛はやがて思いもよらない結末を迎える

『彼に恋することで人生は謎じゃ無くなるのよ』

1950年代の英国ファッション界で活躍するオートクチュールの仕立屋と、若きウエイトレスとの愛の軌跡を描く。

ダニエルデイルイス 演じるシスコンレイノルズが死んでもお近づきになりたくない、同じ空間にいるだけで嫌悪感を抱くような超、超偏屈じいさんで殺したくなる。

アルマは退屈なウェイトレスが嫌で刺激を求めてたのか、レイノルズに見出だされて、嬉しかったのかな。
レイノルズは頑固で神経質で、自分の世界を絶対に乱されたくない。
クリエイティブな仕事してる人ってこういう人が多いのかな。
でもそういう神経質さがオートクチュールを仕立てる仕事にすごく向いてて、完璧に作れるのかも。

私には彼の魅力はわかんないしわかりたくもない。
ちょっと日常を乱されただけであんなに怒んなくてもいいんじゃないの。
でもそういう人に惹かれる人もたくさんいるのね。

愛には色んな形があるね。

愛され続けてきたから何でも自分の思い通りになると思っていて愛し方がよくわからない人。
愛されているけど不安で全てを自分のものにしたいと思う人。

なかなかどろっどろしていて、途中からえっそうくるの…アーティスティックなお話かと思ってたよ。
アルマの歪な愛情。
人間不振になる。
でもレイノルズもわかっているみたいだったから共依存でお互い幸せなのか。
.
完璧主義の人を手中に収めるにはこういう方法があるのか…勉強になりました。

本作は音楽も素敵だし、ドレスや建物がとても綺麗だった。

前半と後半の力関係の変化がこの作品の見所。
.
ラストがうすら寒いホラーのような雰囲気で怖かった。
芸術的な要素を含んだミザリーかな。


•*¨*•.¸¸☆*・゚✡*。゚✧*。*•.❥﹢◊*゚•*¨*•.¸¸♪
2019/№36
Gatt

Gattの感想・評価

3.8
めんどくせぇなぁー、ふたりとも、、、
と思いながら観てましたが、最後ゾッとした!!
綺麗な衣装と音楽を奏でながら、悪趣味な映画だこと。さすがポール・トーマス・アンダーソン!
まぁ愛の形は人それぞれ、何も言うまいw
Minami

Minamiの感想・評価

3.5
おじさんが変なのかと思ったら
ご夫婦共々偏愛。狂ってる。
個々人狂ってるというか揃っちゃったから狂ってる。こわい。
>|