ファントム・スレッドの作品情報・感想・評価

ファントム・スレッド2017年製作の映画)

Phantom Thread

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:130分

3.8

あらすじ

「ファントム・スレッド」に投稿された感想・評価

男の所持物にならない強い女ここにあり!女は強くあるべきだなと思ったしそれを受け入れてくれる愛がなんか、すげえ(語彙力)
でも、この映画は愛というか欲って感じで、愛ってなんだろ〜ってなっちゃった
なかなか観たことのないシーンがあったので、ニヤついちゃいました。
愛の型としては、歪みが原型みたいな…変わった捉え方をしてしまいました。
カッコいい禿げ方をしてらっしゃる。
SaKaS

SaKaSの感想・評価

-
良いなぁ〜と沁みた点がたくさんありました

D.Dルイスの顔面(絵になる雰囲気凄)
衣装の美しきかな
音楽の心地よきかな

ストーリーはやぱりアンダーソン監督なので狂気でした
狂気の愛
2人だから合致した奇跡のペアだよなぁ
🍄やばし

DDルイスがあのゼェアウィルビ〜の時と全然雰囲気が違う
それもそのはず徹底的に役作りするルイスは1年前からデザイナーに弟子入りして服飾を学んだんですねぇ

その自身の仕事ぶりとレイノルズの姿がダブる!

居るだけで素晴らしい


そして圧倒的に頑固?偏屈?!!
でも自分の明確な感性がある、スタイルがあるのには憧れる
そんな超絶職人でしたねぇ

まぁだからその奥さんになる人だから普通の玉じゃないよなw

あの女優さんもめちゃ美しいのに
なんか歪んだ座った目をなさる!!!
いやぁ醸しますねぇ素晴らしい

美しく洗練された作品に触れたいと思っていた気持ちを見事に満たしてくれました╰(*´︶`*)╯
with狂気の愛でしたが大満足です。
Amazon Primeのレビュー欄にあった感想が完全に学者の域(アカデミアの方なのでしょう)で、それを読んでしまうと気付きとして付け加えることが何もない…悔しい…

どのシーンでも映像美と音楽が素晴らしいのですが、とりわけヨーロッパの爽やかな朝の空気感と、それ合った音楽の選定がどストライクで、ヨーロッパへ行きたくなりました。
朝のシーンではないですがフォーレ『ドリー組曲』より『ドリーの庭』なんかも流れていましたね。好きな曲。
それと主人公の靴下のセンス、50年代という時代設定を考えると余計にお洒落でしたねえ
dominion

dominionの感想・評価

2.2
1950年代のロンドン、仕立て屋レイノルズ・ウッドコック。
ホテルで朝食をとっていると、アルマというドジッ子ウェイトレスを気に入り生活を共にします。

レイノルズ、アルマ、シリルのやり取りが話しの流れ。話の間に何度かアルマが誰かと気持ちを語っています。

天才職人のよくある気難しさを前面に出してきます。
しかしアルマも負けてはいません、シリルに反対されようとも嫌味を言われようとも前進あるのみ。後半、恐ろしい事を企てたりします。

静かなる駆け引きを楽しむ、ちょっと考えさせられる映画でした。

TSUTAYA先行(2018)
美しさと狂気👗🍄
kkkksy31

kkkksy31の感想・評価

3.0
前半で出てきたシーンが後半で意味を持って、徐々に変化する関係性(上下関係?)が上手く表現されていてすごい、と素直に思った。
ただ、歪んだ形過ぎて登場人物に全く共感できず、もやもやだけが残ってしまった。でも現実にもこれに近しい関係性はどこにでもありそうだから怖い。人間って怖い。。。
Tyga

Tygaの感想・評価

3.9
結婚とかいう非常に厄介な「呪い」について。
しかもとりわけ厄介な僕たちがこの「呪い」に望んでかかりたいと思っていること。

しかし、充たされた毎日も永遠に続くわけではなく、ある日に急激に終わりを迎えたり、歯車が噛み合わなくなるのであれば、あらゆる変化もプラスに受け止めていくしかないのかもしれない。
そして、そういうあらゆる変化の中で変わらないという「呪い」が結婚にはあるのだと思う。

かくなる僕も、この厄介な「呪い」をかけてくれる人を待ち望んでいる。
ao

aoの感想・評価

4.4
心がざわざわする
いい映画だった
uckato

uckatoの感想・評価

2.5
勝手にやってろ!笑
>|