lalalalabomba

ドント・ウォーリーのlalalalabombaのレビュー・感想・評価

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)
3.9
酒びたりのの依存症野郎が交通事故に遭い車椅子生活になる。

青天の霹靂から変化していく過程を描いている。、同様に青天の霹靂のような脳梗塞後のリハビリ中の自分と重なる部分をみせつけられた。
おそれや怒り自己憐憫そこから自分と向き合い赦して行く。
スカンジナビア航空のスッチーと付き合ったりちょっと上手くいきすぎな気もするがまあ、実際の話ならしょうがないだろう。仮に実話ではなく全くの創作としてもそこには真実は描かれていると思う。ジャックプラックとの再会するシーンはとても良かった。もし自分が脳梗塞後の左半身麻痺ではなく車椅子生活になっていたら彼のような車椅子の乗り方をしていたと思う。