miyagi

ドント・ウォーリーのmiyagiのネタバレレビュー・内容・結末

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

日本最速と銘打っての上映会。
たまたまチケットが手に入ったのと、ガスヴァンサントということで鑑賞。

ストーリーは、実在していた風刺漫画家(アル中)が事故を起こして半身不随となり、障害と依存症と向き合いながら生きていくという話。








ここからネタバレします。
楽しみにしてる方はお控えください。




良かった点としては、時系列を巧みに組み替え、全体の構成が非常に独特であること。
二重に閉じられた構成で、過去を語り尽くすのは至難の技だが、とても綺麗に整理されていたのが素晴らしい。
過去の自分を振り返って、許すことができるかどうか。
また、許すことができた時に前を向いて生きていけるよ。みたいなメッセージは受け取れた。
この場合の「許す」は「赦す」のほうが適当な気はしたが、プロのお仕事に文句言うのはお門違いなので、やめときます。


イマイチだなと思ったのは、まずカメラワーク。
あの頻発するズームがとにかく気持ち悪かった。
何も効いてないと思うが、どういう意図があったのかは分かりかねた。
キャスリンビグローぐらいの臨場感がないと、やはり納得できない。
回想シーンで縦スクロール横スクロールの分割画面も非常にダサかった。

あと、急に現れた彼女の存在が謎すぎる。
構造的にあとで説明するかと思われたが、説明なし。
風刺漫画家になった動機や経緯もあやふや。
そもそも風刺が面白いとわかったのが、半分くらい。
そこは自分のボキャブラリーの薄さを感じた。
断酒会のスポンサーみたいなやつがエイズで死ぬことも早い段階でバレバレ。


それとなんといっても、どこまでいっても事故起こしてそうなったのは自業自得でしょ。という理解を超えられなかった。

途中泣いてる人もいたみたいだが、どこで泣けばいいのか全くわからなかった。
ファンの熱気に興ざめした部分も少なからずあるので、客の少ない劇場でまた観てみようと思う。


上映後にご本人登場のティーチイン。
これがあまりにもグダグダで酷かった。
胡散臭さ1000%の野村くんいちなる人物が進行の役割を果たさず肝心の映画の中身の話が全然聞けなかった。
劇場側も時間がねぇねぇと急かすばかりで仕切りもグダグダで、プログラムをもっとちゃんと練って欲しかった。
それでもファンにとっては嬉しかったのだろうけど。
あと、監督本人にサインを求めていたおっさんおばはん。はしたないからやめてほしい。
サインをもらって何になるんだ。
ファンなら映画について広めるなり、自分で大切にするなりすりゃいいのに。
リテラシーの低さにもガッカリした。

2019劇場鑑賞30本目