みうさん

ドント・ウォーリーのみうさんのレビュー・感想・評価

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)
-
Filmarksさんの試写会で観ました。
全体的にすごく優しい作品でした。ホアキンの映画って、なんとなくホアキンいじめられて救いない悲しい、または、ホアキンあなた何してんの意味わかんない、のどちらかが多めだと思うんですが、いじめられはしないものの、アルコール依存症で、事故で胸から上以外動かせないという悲しみがありながらも、周りに優しい人が現れ、こいつクソヤローだな、と思っていた人まで最後にはあれ、もしかしていい人…となって、ほわほわしてしまうものでした。ガスヴァンサントの優しい方のやつです。とにかく、ホアキンを筆頭に演技巧者を集めた上での別業界からの出演もあり、まさかあの人がちょっと上品そうなおばさまになって登場とか、前情報0だったので、びっくりしました。そして、ウドキアのフェードアウト気になった。最後いたっけ?楽しみにしていた大好きルーニーマーラは相変わらずの可愛さと強さが同居してたし、コスプレ要素あるしで眼福でした。ジャックブラックも相当ずるい感じなんですが、やっぱりジョナヒルが本当にずるかったです。みんな鼻水すすってたよ。チャッキーとかクスッとするとこも結構ある。
字幕翻訳/
稲田さんだったかなーと記憶しているのだが、忘れたので誰か…。メモるの忘れた。
2019/04/11
東宝東和試写室 真ん中らへん
スクリーンの大きさもちょうどよく、上の方にあるので真ん中らへんでいいと思う。椅子は固定は肩から上の背もたれなし版。簡易席もあり。女性スタッフ多くてこれまた優しい感じでした。