ドント・ウォーリーの作品情報・感想・評価

ドント・ウォーリー2018年製作の映画)

Don't Worry, He Won't Get Far on Foot

上映日:2019年05月03日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

「ドント・ウォーリー」に投稿された感想・評価

Mizuha

Mizuhaの感想・評価

2.0
ガス・ヴァン・サントは実話ベースじゃないほうが好きだなぁ…。主人公と周りの人の心情が見えにくい。
あと、最初は時系列が飛びすぎて、髪の長さと髭でどの時間なのかを考えなければならなかった笑
他人を許すことで自分自身にも許しを。
自分勝手なクズなのに展開が都合良すぎて「この神秘的美しさを秘めたルーニーマーラ、幻想とかじゃないよな?」と疑ってしまう
そうどこかの誰かさんみたいに…
some

someの感想・評価

3.5
ルーニーマーラがびっくりするくらい美しい
akubi

akubiの感想・評価

3.7
Don't worry. He won't far on foot.

自分を憐れんでも、どこへもゆけない。
劇的な変化なんて、ドラマチックに起こることなんてほとんどなくて、少しずつ、冷えた身体をホットココアが温めてくれるように、じわんわりとわたしを変えてゆく。

最後に流れた涙はきっと、私自身のステップ12。
ありがとう。思い出させてくれて。

。。ホアキンとルーニーのショットに、萌え◎
たばた

たばたの感想・評価

3.9
スケーターのキッズたちと車椅子の主人公の戯れがたまらない。あんな世の中であって欲しい。

説教臭くなりそうでならないのはガス・ヴァン・サントの品格だろうし、ソウルフルなホアキンの演技あってのことだろうと思う。ジャック・ブラックとジョナ・ヒルとルーニー・マーラ(登場した時の天使感が凄い)で脇を固めるとかも、素晴らしいセンスだと思うよ。

それにしてもジョナ・ヒル!こんなにいい俳優だったの?!舐めてた、ごめん。
HidekiAndo

HidekiAndoの感想・評価

4.0
昨日飲んだ時に話題にあがったので、早速借りて観てみました。

なるほどですねー!
ホアキンの演技ももちろんですが、今作が素晴らしかったのは、ガス・ヴァン・サント監督の『ジョン・キャラハンという人物に寄り添う目線』でした。
物語の多くが、子供達に話していた、という作りもバッチリでした。この作品が醸し出す『優しさ』は、そこに依る所が大きかったですね。

キツい思いをし、克服してきた人間の懐の深さ、人間力を感じられる、秀作でした。

車イス、めちゃ早いです😂!
Yuki

Yukiの感想・評価

3.6
No.82

他人を赦しなさい、自分を赦しなさい

前に進むにはきっとこれの連続なのかもしれない

やっぱりホアキン・フェニックスがいい
ジョーカーが楽しみでならない
やっぱすごい
0223

0223の感想・評価

3.2
ホアキン・フェニックスの役作りには毎度感服する。

ルーニー・マーラのベリーショートが可愛すぎて髪切りたくなった。。
>|