港町の作品情報・感想・評価

港町2018年製作の映画)

Inland Sea

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:122分

3.9

あらすじ

「港町」に投稿された感想・評価

神隠しにでもあったかのように、無彩の港町に迷い込む。伝統にまで昇華させない習慣のユーモアが、一周回った無垢さから、零れ落ちる愛らしさ。スラッジな匂いと、海面からの照り返しを浴びた疲労感と、どのアングルから世間様を見ていようとも、笑えてしまう、土地につながれた奇跡のタイミングの純度。人生は、大喜劇名詞!
Ryo

Ryoの感想・評価

4.3
昨年の映画のうちで最も印象に残ったものの一つ。白黒で切り取られる港町の美しさと(カラーに転換する瞬間の眼の喜び!)、フィクションでは捨象されてしまう、雑味の多い生活の風景からふと浮かび上がる生活人のドラマは、物語に頼らないドキュメンタリーの可能性をありありと感じさせる。
全編白黒だが、最後一瞬カラーになるシーンにハッとさせられた。理由は分からない、現実だと分かってはいるが現実に戻された気分。
マオ

マオの感想・評価

4.0
親のこと、これから必ず来る年老いたときのことを考えてしまうたまらなくずしんと重かった。最後はたまらん。
海でとれた魚が小さな町で流通していくさまがあらためて新鮮だった。
miyagi

miyagiの感想・評価

4.0
想田作品のこれまでの傾向をより加速化させた、観察映画。もはや何もテーマもなにもなく、ミクロの視点でマクロの問題を浮かび上がらせるのは、もはや奇跡的。こんなやり方怖くて、取材できない。と思わされた。だからこそ、より主観的になっているとも言える気がする。
小説を読んだかのような感覚があった。

まったく主題からは外れてしまうだろうが、どの媒体よりも日本を的確に表していると思った。
sakae

sakaeの感想・評価

4.0
想田監督の絶妙な視点が綺麗に物語のように描かれていました。
色々な人生があって、それぞれの思いは簡単に語ったりできるものではないと思うけど、この映画に切り取られた方々は本当に素敵でした。
どうしてモノクロだったんだろう。。
日本に実在する風景をただ撮ったドキュメンタリーだ。だけど猫と老人ばかりが徘徊する港町の様子は、モノクロで見るとさながらファンタジーだ。
いつか消えて、無くなってしまいそうな風景だから、美しい。自然に生まれる動きひとつひとつが、静かで可笑しい。太陽を波が照り返し、潮の香りが漂う。幸福な倦怠感。
>|