港町の作品情報・感想・評価

港町2018年製作の映画)

Inland Sea

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

美しく穏やかな内海。小さな海辺の町に漂う、孤独と優しさ。やがて失われてゆくかもしれ ない、豊かな土地の文化や共同体のかたち。そこで暮らす人々。静かに語られる彼らの言葉は、町そのもののモノローグにも、ある時代のエピローグにも聞こえる。そして、その瞬間は、不意に訪れる……。

「港町」に投稿された感想・評価

神隠しにでもあったかのように、無彩の港町に迷い込む。伝統にまで昇華させない習慣のユーモアが、一周回った無垢さから、零れ落ちる愛らしさ。スラッジな匂いと、海面からの照り返しを浴びた疲労感と、どのアングルから世間様を見ていようとも、笑えてしまう、土地につながれた奇跡のタイミングの純度。人生は、大喜劇名詞!
ayu

ayuの感想・評価

5.0
背景にある社会問題に気を取られてしまいがちだけど、何より長く生きてる人は尊いなと思った。
人間味に溢れていて、歳を重ねてもみんなチャーミングで可愛かった。

与えることと与えられることの連鎖の中で私達は生きていると思い知らされた。
一方で、 肉体労働の終焉に近いものを感じたりもした。
パンフレットの平田オリザの評論が素晴らしかった。
kurumi

kurumiの感想・評価

5.0
やばたにえん。
ノンフィクション
けれど
語られる人生が
まるでフィクションのようでした。

どこにでも、
誰にで物語がありますね
mkszk

mkszkの感想・評価

-
映画を見ながら、映画とは全然関係ないようなことをずっと考えていた。地元のこと、親のこと、そのまた親のこと、好きだった人のこと。愛と書くほうのかなしい。
海に行きたい。
anakarumik

anakarumikの感想・評価

4.2
何か欲しい絵を求めてない姿勢が導くドキュメンタリーなんだろう。いや、映る全てがドキュメンタリーなんだろう。
撮られる人が気持ちを開いているから、カメラとスクリーンを通して見る私にも、開けてくれている気持ちになった。
想田監督のこれまでの作品もこれからの作品も観たくなる。
Mypage

Mypageの感想・評価

3.9
観察していた。

さいごのほう、すこしだけ気分が悪くなるような(?)感じがするくらいにはおもしろかった。

昨日みたからなのかわからないが、本質的には、レヴェナントと通じるものがあった、気がした。

映画館を出たあとは、なんだか浮遊感があり、街行く人や、水たまりなどが、いつもとちがって見えた。

魚の流通を追ってるようになった一連や、よくしゃべりかけてくるおばさんの一連は、とてもみごたえがあった。
kei

keiの感想・評価

4.0
映画「港町」港町で、高齢者と猫がいっぱい出てくる映画。登場人物、どんな人だろうーとか思いながら、瞬間瞬間に新鮮な好奇心が生まれてくる。人って謎に満ちている。目の前の現実が、別の迷宮世界に入り込んだような感覚。観察映画というより、紀行映画のような作品だなあ。おもしろかった。
生きて、死ぬ。死んで、生きる。
というキャッチコピーが好き。

現代の東京に生きていると感じられないような日常がスクリーンに広がっていて現代とは思えぬ不思議な感覚を覚えた。

ただただ日常の連続のシーンが続くわけだが見れる。モノクロの映像美も重なっていつまでも見ていられる気がした。

今作で不意に訪れるあのシーンはずるい。
猫

猫の感想・評価

3.8
想田和弘監督作品の観察映画は
ほとんど観ている。

途中で牛窓が舞台だと気づき 
『牡蠣工場』と同時期に収録したのかと穿った(笑)
ゴロン猫など沢山笑わせてもらった。
いろんな人々やいろんなシーンが撮されているけど
自分は魚屋さんの場面が好き。
凄く「生」を感じた。
皮をはぐ見事なリズムと手さばき。 
まるでモノのようにぞんざいに扱われる魚たち
ああそうだよ。
可哀想なんて言うのは偽善だ。
私は美味しくいただいている。
モノたちだ、と気づく。

追悼された女性を想う。
人生を語れて、語れる人生でよかったねと。
ただ映画の中にあるのは
「人間」
だから哀しくていとおしくて素晴らしい。
モノクロ映像が、効いている。

 2018.5.16 名古屋シネマテークにて鑑賞
>|