港町の作品情報・感想・評価

港町2018年製作の映画)

Inland Sea

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

美しく穏やかな内海。小さな海辺の町に漂う、孤独と優しさ。やがて失われてゆくかもしれ ない、豊かな土地の文化や共同体のかたち。そこで暮らす人々。静かに語られる彼らの言葉は、町そのもののモノローグにも、ある時代のエピローグにも聞こえる。そして、その瞬間は、不意に訪れる……。

「港町」に投稿された感想・評価

言葉が出ない…映画館で鑑賞して数日経つが感想がまとめられない。
素晴らしすぎて。
映画の中にある生活からまだ抜けきれていないようだ。
こんなに生活の一部をそしてその奥深さを切り取れる想田監督には感服した。
そして想田監督の隣で観ることが出来たことに幸せを感じる。

想田監督の作品はドキュメンタリーではない。
「観察映画」である。
テーマを決めずカメラを通して観て聴いていく。
編集中もテーマを決めて編集しないらしい。
それをすると意図的な作りになるからだそう。

岡山県瀬戸内市牛窓の港町に暮らす人々。
映画を観終えた瞬間、自分は劇場にいたんだと気づく。
上映中は常に牛窓にいたように感じるからだ。

耳の悪い漁師のワイちゃんと小さな頃に捨てられたクミさん。
二人のやりとりや暴露する悲しい現実に笑い涙する…その他の人々との切り取られた生活がリアル。

想田作品は『精神』しか観たことないが、「観察映画」としての素晴らしさを見せられた。
舞台となった岡山での上映初日ということもあり満員で、舞台挨拶も地元ならではの発言もあり盛り上がりました!
・××/100点(採点不可)
・想田監督の<観察映画シリーズ>第9弾。前作『牡蠣工場』では、監督のトークショーを聞きに行った程、思い入れのあるシリーズになってしまっているので、今回も観てきました。

---
前作『牡蠣工場』の撮影の折、岡山県牛窓の港で偶然遭遇した84歳の漁師・ワイちゃんと、その傍にいた独り身のおばあさん・クミさん。
この2人に焦点を当てながら、港町での産業の形、生活の形を追いかけていく。
---

・今作のポイントは、大きく3つです。
①釣り上げられた魚が辿るサイクルの形
②牛窓に住む人々の営み
③ほぼ全編白黒の画面

①釣り上げられた魚が辿るサイクルの形
・84歳という高齢にも関わらず、1人で漁をしているワイちゃんが魚を釣り上げてから、それを食べる人までの流通の形をカメラが追いかけていきます。
・ライムスター宇多丸さんは推薦コメントでこれを「人の営みというものを成り立たせている根幹のサイクル」と表現しています。
・自然の世界にいた魚が釣られ、人間社会の中で値段や重さなどの「数値」に変えられいく様には、丁寧な観察の積み重ねから、より大きなテーマを描き出す観察映画の醍醐味が感じられました。

②牛窓に住む人々の営み
・①だけでもドキュメンタリー映画として成り立つテーマが十分に描かれていますが、想田監督の観察映画はこれだけでは終わりません。
・①ではワイちゃんの周りを愚痴をこぼしながらひらひらと歩いていたクミさんに、ふいに焦点が当てられます。(むしろ、クミさんの方から主体的に画面に入ってくるのですが、ここでクミさんに焦点をあてはじめたのは、観察映画としての意図があったからこそでしょう。)
・特に印象的なのは、本作のクライマックスとも言えるクミさんの独白シーンです。
・「病院を撮影しておけば?」という提案をしたクミさんは、先陣を切って想田監督達を病院まで連れて行きます。大方の予想通り、特に特徴もない普通の病院なのですが、ある瞬間からふいにクミさんのスイッチが入り、衝撃的な独白が始まります。この独白自体、事実かどうかすらわからないような話ではありますが、人の悪口を軽々しく言うような、<少し嫌な人>のイメージがあったクミさんの内面を僅かに垣間見ることができるシーンとなっています。
・このシーンは、観察映画だからこそ撮影できたかけがえのない貴重なシーンだと、監督本人も答えています。

③ほぼ全編白黒の画面
・そして、最大の特徴は全編の映像が白黒であることです。
・監督によると、これは監督の奥様・柏木規与子さんの提言による偶然の結果だそうですが、とても大きな魅力になっています。
・これは監督本人が発言していることでもありますが、全編が白黒であることで、<匿名性>が強く強調されています。
・そのおかげで、この映画で描かれている事を自分のことと重ねることもできますし、世界中のどこにでもいる他人のことと重ねることもできるようになっています。
・そしてある1箇所、白黒だった風景に色味が戻ってくると、その景色の豊かさが浮き彫りになってきます。

・以上の3つのポイントを起点として、この映画は<観察映画シリーズ>の新境地に達した作品だと思います。

・想田監督の<観察映画シリーズ>は、事実をありのままに描いているはずのドキュメンタリーでも、多くの場面で実は逃れられない「作者の意図」をできるだけ排し、真の意味でのドキュメンタリー映画を製作しようとする試みです。
・他のドキュメンタリーが「テーマを描き出すために撮影をしている」のに対して、観察映画は「撮影をする中でテーマが浮き彫りになっていく」作りになっています。
そのため、とにかく頭をフル回転で鑑賞しなければテーマを汲み取れないので、鑑賞後はどっと頭が疲れます。でも、そこで浮き上がってくるテーマの射程はとても広く、深いものになります。
・鑑賞した事がないという方は、是非この機会に一見の価値ありです。
想田監督最高傑作なんじゃないですかね、これは。俺的に一番好きな演劇1を超えた。
選挙、精神、演劇といった「テーマ」で撮るのとはまた違う新展開、みたいな感じでもあるのかな。
魚とネコと「後期高齢者」が映画を動かす、見たこともないスタイル!!
港町・牛窓(うしまど)、この町で暮らす住民(老人天国!)とのふれあいを観察視点で描くって話☆

のんびり暮らす住民たちのプライバシーを優しくえぐる、なかなかに生々しいインタビュー群。

他人のプライバシーを無邪気に披露してくれるクミちゃん(おばぁちゃん)、かなりの高齢者なのだが元気、元気!
そんなクミちゃん、実はハードなプライベートのオーナーであることが本編で語られます(真偽は不明ですが)。
そして撮影終了後、暫くして他界されたとのこと・・・合掌。

彼女以外にも、愛らしいお年寄りが大挙して登場する、キャラ渋滞状態!!

そして、この牛窓という町、実はネコも有名らしく、本編でも多数出演するネコたちにホッコリします(ネコもなかなかにイイキャラ揃い)。

聖地巡りしてみたくなる一本(* ̄ー ̄)☆
イイ町です♪
ayu

ayuの感想・評価

5.0
背景にある社会問題に気を取られてしまいがちだけど、登場人物がみんな歳を重ねてもチャーミングで可愛かった。
長く生きてる人は尊いな。

与えることと与えられることの連鎖の中で私達は生きていると思い知らされたりもした。
パンフレットの平田オリザの総評が素晴らしかった。
kurumi

kurumiの感想・評価

5.0
やばたにえん。
ノンフィクション
けれど
語られる人生が
まるでフィクションのようでした。

どこにでも、
誰にで物語がありますね
mkszk

mkszkの感想・評価

-
映画を見ながら、映画とは全然関係ないようなことをずっと考えていた。地元のこと、親のこと、そのまた親のこと、好きだった人のこと。愛と書くほうのかなしい。
海に行きたい。
anakarumik

anakarumikの感想・評価

4.2
何か欲しい絵を求めてない姿勢が導くドキュメンタリーなんだろう。いや、映る全てがドキュメンタリーなんだろう。
撮られる人が気持ちを開いているから、カメラとスクリーンを通して見る私にも、開けてくれている気持ちになった。
想田監督のこれまでの作品もこれからの作品も観たくなる。
Mypage

Mypageの感想・評価

3.9
観察していた。

さいごのほう、すこしだけ気分が悪くなるような(?)感じがするくらいにはおもしろかった。

昨日みたからなのかわからないが、本質的には、レヴェナントと通じるものがあった、気がした。

映画館を出たあとは、なんだか浮遊感があり、街行く人や、水たまりなどが、いつもとちがって見えた。

魚の流通を追ってるようになった一連や、よくしゃべりかけてくるおばさんの一連は、とてもみごたえがあった。
>|