デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナーの作品情報・感想・評価

「デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー」に投稿された感想・評価

予算がなかったので スモーク多用なのね
いろいろよくわかって 楽しかった
NF

NFの感想・評価

-
1作目と2049を鑑賞する為の補完用として鑑賞
2作の設定や美術的な繋がりがこれを観ておくとよく分かる
しかしショーンヤング若いな
やっぱりレプリカントか
kanoko

kanokoの感想・評価

-
とにかくお金も時間もない
のに徹底したセット
みんな苦しそうだ
PG12

PG12の感想・評価

-
こういうドキュメンタリーが全ての映画のDVDの特典映像にあったらいいのに。
takanabe

takanabeの感想・評価

3.2
カットの美しさに対する飽くなきこだわり。
俳優陣それぞれのキャラの作り込み。

いい意味での現場の荒れ方と
それをコントロールしてきちんと映画に着地させる力の強大さ。

感服した。
小林

小林の感想・評価

3.2
ブレードランナーの予習のため
正直内容はソフトの映像特典くらいの感じなんですが、おもしろい部分もあった
まず、まじでブレードランナーの映像しか出てこない
他の映像を引き合いに出して、という感じは全くなく、ブレードランナーがどうだったのか、というのを関係者がひたすら語る映像の連続に、前半多少飽きる
デンジャラスデイズというのはブレードランナーの前タイトルらしいけど、あまりにもダサすぎるから、そこはブレードランナーになってよかった

制作中、リドリースコット監督の完璧主義が止まることがなく、だから低予算って言ってるじゃん!!とこっちが突っ込みたくなるけど、肝心のナレーションに意外にリドリー監督は乗り気だったらしく、ナレーションで全てがぶち壊しになると考えたハリソンフォードとの、レコーディングでの険悪なムードが一番の見どころかなと思う
TAKAたか

TAKAたかの感想・評価

3.0
メイキングドキュメンタリー系。

自分の中のオールタイムベストに入る作品がそんなに雑に、険悪な雰囲気で作られていたなんて…ただただ驚きしかない。CGも無い時代、特撮班の努力は素晴らしい。もちろんあんな映画を作ってくれたスタッフ、俳優陣全員に感謝しかない。
映画を作るのは本当に大変なんだなぁと改めて感じさせてもらった。
ぴな

ぴなの感想・評価

3.5
公によく知られている話もあれば、詳細まで知らなかった話もあってとても興味深かった。
作品を観た後に観るメイキングやドキュメンタリーものは大好きなので、2049が公開となった今年に観ると更に感慨深い。
CGのない時代に想像もつかないほどの努力の結晶…

映画作りって大変なんだなぁ、と。
大作名作と後世に受け継がれるものほど、裏側はなかなかえぐそう。
それでも、無事に公開され届けられることに感謝。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

3.5
ドキュメンタリーとしては意外とシンプルな構成ながら、先見性がありすぎるが故の混沌と予算過多を避ける為のアイディアが秀逸!
レンタルビデオ普及のタイミングがズレていたら埋もれていたかもしれない巡り合わせが勘え深い。
自分が初めて観たのも友達から借りたビデオだったな・・・
>|