デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー」に投稿された感想・評価

Yukiko

Yukikoの感想・評価

4.2
2018年12月27日 NHKBS放送
『デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー』
         2007年制作

『ブレードランナー』の撮影ドキュメンタリー映画。
監督リドリー・スコットに対し、他の制作陣とうまくいって
なかった話。

映画の撮影景色は、以前撮影した別の映画のものを再利用したとか。
その際、分からないようにするために、雨を降らし、スモークを
炊いたとか。

ラストでレプリカントのロイが抱いていた鳩を飛ばそうとしたら、
雨のため、鳩は飛ばずに数歩、歩いて撮影カメラから消えたとか。

試写会で観た方々が内容がよく分からないと言うので、ハリソン・
フォードがナレーションの契約をしていたために、急遽、
ナレーションの説明を入れることになった。
が、リドリー・スコット監督は反対で、最後のナレーションを
入れる日にその場を欠席した。
ハリソン・フォードもやりたくなさそうだった。

リドリー・スコット監督がイギリスで撮影する方がやりやすいと
失言したために、その後の撮影時に、監督に抗議をするTシャツ
が配られた。これに対して、監督も反論するTシャツを着たとか。
でも、午後になると全員普段の服に変えたと。

レプリカントの女性が店のガラス窓に体当たりをする場面は、
代役を立てたが、うまく撮影ができず、男性が代わりの
代役で撮影したとか。スタイルが…!

柱が変だ!という監督の指示で、セットの建物の柱を
上下逆さまに変えたとか。冒頭場面。

スタッフが何人も辞め、出資者からのクレームやらで、
監督も残るスタッフも精神的にぎりぎりの段階の中での
撮影だったようです。

…などなど、目を見張るような内容のものが多かった。
公開時も最初はヒットしなかったとか?
しかし、口コミでDVDで大ヒット!

私は映画館で『ブレードランナー』観ましたよ。
覚えている箇所は、ラスト近くのロイとデッガードの
追いつ追われつの場面。
最後にロイが助ける場面が印象的。
これで、ロイのイメージががらっと変わりますよね。

リドリー・スコット監督のこだわり映画のおかげで、
このように映画で楽しみ、メイキングを観て楽しみ、
映画って本当に素晴らしい❤

ブレラン ブレラン~~🎵
torakage

torakageの感想・評価

3.7
非常に興味深い。たしかに当時の観客には早すぎたのかもしれない。作中でも言っていたが、当時のSFではヒーローが期待されていたと思う。事実そうだった自分を忘れていないし!ただ非常に印象は強烈だったのも覚えている。観たことさえ忘れてしまう映画の多さよ…。
ぽし

ぽしの感想・評価

3.7
クソ喰らえTシャツに人種差別Tシャツで対抗するリドリー😂
浅井

浅井の感想・評価

3.7
途中から見た、めちゃおもしろい、後で最初から見る!!
ハートオブダークネスがそうであるように名作映画の話というのは聞いているだけで確かに面白くはあるが、やはり規格外の映画だと話だけで頭おかしくて閉口することも多くて困った。

あとリドリー・スコットが思った以上に自己評価の高い人物で笑えたけど少しイラッともした。(最後の「私なら俳優の才能以上のものを引き出せる」とか)
tomo

tomoの感想・評価

2.8
2018/12/??

作品名は知ってたので試しに観てみたけど全然面白くなかった。

なんか気持ち悪いし微妙だった。

最後に期待して観てたけど最後まで微妙だった。笑
mahiharu

mahiharuの感想・評価

3.0
BSプレミアムで鑑賞。
2018.12.27
[カットされた場面]

  映画作りというものが、如何に大変なことかが分かる。リドリー・スコットが大勢のスタッフをまとめ、次々とアイデアを映画に盛り込んでいったのには、目を見張るばかりだった。だが、現場のスタッフと大衝突して険悪になったりもあったと。本当によく映画が完成したと思う。

 また、試写での観客の反応が悪かった為に、最後にはリドリー・スコット抜きでデッカード(ハリソン・フォード)の独白の説明を入れることに。それで、彼は「ブレードランナーディレクターズカット版」や「最終版」では、自分の思う通りのデッカードの台詞が無いものにしている。

 また、デッカードが、レプリカントであるという象徴としてユニコーンの夢を見るシーンも、意味が分からないという事で劇場公開版では切られてしまったと。リドリー・スコットとしては納得できないものだったろう。でも、私は、デッカードが人間であるからこそ、レプリカントに命を助けられる展開の方が意味が深いように思うのだが。

 オリジナル版を観たばかりなので、こんなにいろいろ考えることが出来て、なかなか面白かった。(2017.10.30)
ブレードランナーの完成に至るまでを作品に関わった人で構成されてるインタビュー作品

「私の3つの武器は夜と雨と煙だった」