デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「デンジャラス・デイズ/メイキング・オブ・ブレードランナー」に投稿された感想・評価

khr

khrの感想・評価

-
映画の創造者たちを前に、あれこれ言うだけの私たちはひれ伏すことしかできない
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.2
「ブレードランナー」ファンなら観ておくべき作品。

映画製作が如何に困難なものか痛感するメイキングドキュメンタリー。

リドリースコットの情熱と視覚効果技術のくだりは非常に興味深い。

リドリースコットの「時代の先を行き過ぎた」は名言。だからこそ公開当時はカルト作品化扱いされたけど、今がある。初見は小学生で劇場鑑賞だけど未だにトラウマだし。

因みに「ブレードランナー2049」今日は公開から2度目でIMAX3D鑑賞。しっかりと天才ヴィルヌーヴが引き継いだ世界観は第一作の製作陣の情熱と苦労の賜物と改めて痛感。
いの

いのの感想・評価

-


壮絶な、苛酷な現場だったのに、
それを回顧するスタッフ・キャストたちの、
嬉しそうに、誇らしげに、語る姿が、
たまらなく愛おしい。

様々な制約があったなかでも、それでも自分たちは、
最高のものを創り上げたのだという自負が伝わってきた。

映画を完成させてくださって、
ありがとうございます!
そう言いたい気持ち。
ファンなら見るべき映画。
もともとのタイトルは、「デンジャラス・デイズ」だったと。いきなりコケてカルト化した作品だ。よく覚えているのは、海賊版でもレンタルビデオ屋が開けた時代。ワーナーが正規代理店を作って突然日本のレンタル事業に参入して事を覚えてますね。その第一弾に既にこの作品が入っていて皆で一時停止やスローしまくった覚えがありますね。これがまた、この映画が生き残った要因だったのでしょう。メイキングですからファンは、観たほうがいいでしょう。
CORO3

CORO3の感想・評価

4.0
WOWOWで鑑賞。
ボックスから出して観直そうと思ってたら、放送されたので。

改めてこの作品の緻密さを知ることができるドキュメンタリー。
ファンタジーとは違う、SFの見せる未来像は、やはり大好物♪

さて、ファイナルカットをまた観ようかな。

2017-070
marev

marevの感想・評価

-
まあメイキングなので点はつけないけど。
長いよ。
関係者のコメントが聞けるのがいいね。
201710053
ブレードランナーが好きじゃないと面白みにかける内容かも。
技術に関するシークエンスになると惹き込まれます!特に視覚効果技術は素晴らしい👏
のん

のんの感想・評価

3.0

ちょっと前にBSでやってたのを観ました。

『ブレードランナー』の撮影の日々と、映画が公開されてから時代を経るごとに評価が高まっていった経緯を、関係者の証言でたどるドキュメンタリー。

ファンなら興味深く観られると思う。
最も面白かったのは、ルドガーハウアーが監督の前に現れた時の逸話。ふふ(笑)






今さら気づいたんだけど共同脚本のデヴィッド・ウェッブ・ピープルズ、『許されざる者』、『12モンキーズ』も書いてたんですね…。そして今作のハードなシーンが彼あってのものだったと知れて良かった。