サファイア

日日是好日のサファイアのレビュー・感想・評価

日日是好日(2018年製作の映画)
3.8
先行上映にて劇場で鑑賞🎦
大杉漣主演の「教誨師」とハシゴ🏃

~あらすじ~
二十歳の典子(黒木 華)は、やりたいことを見付けられずに毎日過ごしていた。
近所の武田のオバサン(樹木 希林)がお茶の先生だと知ると、従姉妹の美智子(多部 未華子)が「習いたい」と誘われ、一緒に茶道を習うことになる。
習ってみると、形から入る茶道を懸命に覚えようとするが
「お茶はまず形から覚えて、あとから心が入る」「頭で考えずに手が覚える」
果たして[日日是好日]の意味は、わかるのか?

ドキュメンタリーのような、日々の日常の生活が淡々と過ぎていき、気が付くと二十数年前の月日が流れていくストーリー。
武田先生のセリフに
「同じことが出来るのが幸せ。」
「すぐわかるもの、すぐわからないもの、少しづつわかってくればよい。」
「教えることで教わることがいっぱいあります。」というセリフがあった。
樹木希林さんは、どういう気持ちでこのセリフを言ったのだろう。
考えると樹木希林さんからのメッセージのようで、胸が熱くなる。
毎日を当たり前に普通に送れていることに感謝して、暮らしていきたい。
派手さは無いが、是非観て欲しい作品🎦
樹木希林さんのご冥福をお祈りします。
味がある素晴らしいある女優さんでした。