日日是好日の作品情報・感想・評価

日日是好日2018年製作の映画)

上映日:2018年10月13日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

「日日是好日」に投稿された感想・評価

就職、恋愛、人生を他の人と比べては、勝手に落ち込み、傷つきながら、自分は、何も取り柄もなく、だけど、お茶は、続いた。ひとつひとつの作法が難しいけど
永年ゆっくり続いたおかげで
自分を丁寧に扱う事が、いつしか自然と出来るようになった。
自分がどれだけ両親から、愛されて、周りの環境や、人に支えられて来た事に、気づき、自分のペースで、コツコツ、人と比べず焦らず。
そんな事、感じさせてくれる作品。
樹木希林が演じた、お茶の先生のセリフ
私も、時々間違えるのよ〜は、
しみます。
EI

EIの感想・評価

3.0
茶道の作法など新鮮だった。ゆったりとした気持ちになったが、物語の世界観には十分に入り込めなかった。
kazu

kazuの感想・評価

3.6
記録

映画館で見たらよかったーー
だって
音が心地いい。

そして
人の動作が美しい。
空気感が素敵。
季節を五感で感じる穏やかな時間。

内面が磨かれた気持ちになるお話。

樹木希林✖︎黒木華 良い!


原作は森下典子の「日日是好日-『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」

茶道とは 縁遠いけど
主人公の25年間の出来事や不安に
ところどころ共感するところがあって
ギュッと心を掴まれた。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.7
この映画を見た後に、
早速茶道教室の体験に行きました🍵笑
(テーブル茶道というカジュアルなものだけど)

こういう日本らしいほのぼのした映画好き♪
樹木希林さんの演技も大好きw
as

asの感想・評価

3.8
日々を真摯に、丁寧に生きるとは。
主人公の黒木華が生きる20年を、茶道を軸に淡々と描いていく。一人一人に人生があり、関わり合いながら紡いでいく時間がそこ人そのものを形作っていくのだと思う。

キャストの押さえた演技が本当に素晴らしかった。黒木華が着ていた喪服を見て、着物って何て美しいんだろうとハッとした。
高校の頃入部してた茶道部の記憶が蘇ってきて泣きそうになった。

夏の匂いや冬の引き裂かれるような寒さ。
四季を大切にし五感を研ぎ澄ませ毎日を丁寧に生きる。
柄杓の音や茶筅を立てる音が心地良く耳に入ってくる。
お湯と水の音の違いなんて普通に生活してたら気がつかない。
茶道の良さはすぐに分からないからこそ長い時をかけて学ぶ価値がある。
世の中がどんどん変化しても、茶道の世界はなにも変わらずにあり続ける。
そんな事に幸せを感じながら、同じことを今日もできた事に感謝しながら生きていきたい。
まき

まきの感想・評価

-
じんわり良い。
出てくる茶道具や着物がきれい〜
茶菓子がめちゃくちゃ良いものだってことは伝わってきた〜
音がすてき。
はる

はるの感想・評価

3.6
季節の移り変わりが美しい。

性格的にこういう、
静かで繰り返される生活は苦手な気がするけど
たまにはいいのかもしれないとちょっと思えた映画。

和菓子がかわいかった。
のほほん映画。
>|