日日是好日の作品情報・感想・評価・動画配信

「日日是好日」に投稿された感想・評価

ノリ

ノリの感想・評価

4.1
和歌とか俳句の様な映像ですね。全てを語らず行間或いは文字間を読む映像でした。
主人公は典子。物語開始時点では大学生。
典子は従妹の美智子と一緒に、武田のおばさんの茶道教室に通うことになる。

典子と茶道の関係を淡々と美しく描く本作。
そのベースの周りで典子のキャリアも描かれる。

編集者になるという目標を持つ典子。
大学を出る時にその就活はままならず、アルバイトという形で編集の世界に入り、やがて世の中の仕組みの変化の中で生まれた「フリーライター」というものになっていく。

その間恋人が居たり居なかったり、
実家を出て独立したり、家族の関係が変化したりしつつ、
茶道は常に典子の傍らにある。

一方で絵にかいたような(そして今や少し古典的になってしまった)理想的な人生(卒業→腰掛就職→エリートとの見合い結婚→出産)を歩む従妹美智子の様子も折々に描かれる。
このエピソードの挿入は、典子と対比させ、
典子の焦燥・不安・不満を分かりやすくさせながら
典子の得ているステレオタイプではなくとも大切な何かを浮かび上がらせる。


私には、
典子が茶道や武田先生と触れることは
キャリアコンサルティングを受けているのとよく似ているように見えた。

自分をしっかりと見つめ、向かい合い、受け止める作業という点で。
四季折々の自然の美しさを感じる映画であったが、中々入り込めなかった。
えみ

えみの感想・評価

3.0
樹木希林と黒木華はこういう演技させたら本当に凄いなぁ
それだけでずっと見ていられる
ただ話自体はあんまり好きじゃなかったです、雰囲気は良かったしそういう映画だと思うけど、それにしてももうちょっと何か起こって欲しかったかなぁ
orange123

orange123の感想・評価

3.3
静かな時間が流れますね
ちさと

ちさとの感想・評価

3.6
見てよかった🍵(略)
Keisuke

Keisukeの感想・評価

3.1
ほっこりしちゃった。
良かった。見終わった後が清々しい映画。
ただただ、お茶をたてる所作を見守るだけなんだけど、主人公一人称で語られるひとりの女性のまあごく平凡な人生を描く中で、価値観を言葉や映像で押し付けがましく提示して来ない感じ、空気が好みでした。私の華道の先生がお茶の先生でもあったので、お茶室にも入った事があったけど、この映画を見て、私には無理って思うばかりw
あと二十歳から中年女性までを、演じた黒木華さんは流石。四季の変化を愛でてきた日本の暮らし、ゆったりした時間が恋しくなる。和装で慎ましやかに見えても、いくつになっても女子の集団ってそうよね〜という所も嫌味なく描かれていてソコもいい感じ。樹木希林さんの所作は吹き替えなのか?とかそんな所も気になってしまった。
ふくさ捌き懐かしいな。正客の譲り合いあるあるすぎて笑えたり、茶道をまたしてみたいなと思えたり。
>|