みんと

レイニーデイ・イン・ニューヨークのみんとのレビュー・感想・評価

3.8
久しぶりに娘に誘われ、よりによって梅雨明け宣言の日に鑑賞。

のっけからのマシンガントーク、俳優泣かせのセリフ量に心地好く流れるジャズ、更には溢れんばかりのニューヨーク愛。
ウディ・アレンらしさ満載の雰囲気映画だった。

そして何よりティモシー・シャラメが美しい!そしてエル・ファニングがとてつもなく可愛らしい!

若干の散らかった感とラストの綺麗に纏めた感はあるものの二人の等身大に映るティーンのキラキラ感がとにかく眩しい。経験値の低さ、浅はかさも含めて若さって貴重だな、、、

とにかくお洒落な映像美を最大限に生かし移ろい易いNYの空と二人の恋愛模様が何処か夢のようでもあり、妙に現実的でもある。
またある意味ウディ・アレン自身を投影させたかの様な男優達の姿を借りたまるで自己満足の世界にさえ思えたり、、、

因みに主演二人共にファンでもある娘の評価は低めの3.0。
彼女曰くニューヨークに雨、ティミーにピアノで成り立ってる映画!...って辛口表現での感想はある意味的を射てる反面、ウディ・アレンにハマり切れなかった若さ(多分)に、まだまだだな...って心で呟いてみたリした。