柊

こどもしょくどうの柊のレビュー・感想・評価

こどもしょくどう(2017年製作の映画)
3.7
最後の最後に、食堂の入り口に貼ってあった「小学生以下無料」の文字に泣けた。

今の飽食の時代に於いて手を差し伸べられるべき子どもが少なくない現状を考えると本当に切ない。
これは単純に行政だけの問題ではないけれど、細やかな対策は行政の責任だと思う。そしてそれをいかに市民レベルに持ってこれるか?いかに他人事で済まさないか?誰にでもやれるべき事はある。

そして映画の感想としては、達者な子役と素人ぽい子役がそれぞれ上手く機能していた。何をやっても根が絶対的に善き人の吉岡秀隆に強めの常盤貴子夫婦は安定。
でも車中生活に陥った家族の背景が今ひとつフィットしない。石田ひかるの子どもにしか見えない降谷建志、この夫婦のリアル感が乏しい。ま、子どもの鈴木梨央に助けられたからいっか。妹の駄々にイラつく感じとかあまりにも自然にリアルなので、ほんと上手い。今は成長過程で微妙な感じだけど、この撮影時は子役時代の最後の輝きを放っている。児童相談所の車に乗り込む前の表情は秀逸。でも車追いかけるのに車道を走ってはいけないね。危ないよ。
あと食堂のメニューに少し副菜が少なすぎる。野菜が付け合わせのキャベツしかないのには心配になった。(余計なお世話か)