こどもしょくどうの作品情報・感想・評価・動画配信

「こどもしょくどう」に投稿された感想・評価

Walkure

Walkureの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

大人と子供のすれ違いのもどかしさが、最後に解消されて良い終わり方だった。鈴木梨央ちゃんが母親を思い出して海の歌を歌う場面が素晴らしい。
子供食堂にくる子供たちの話を中心に進んでいくと思っていたら子供食堂ができるまでを描いた作品でした。
育児放棄されている子供がでてきます。そんな子供に手を差し伸べるユウトは優しくちょっと不器用なところがとても好印象でした。

実際にこういう子供たちがいると思うと心がザラつきます。
氷見

氷見の感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

子供達の演技は素晴らしい!
その一点のみにつけたスコアだったりする。
特にお姉ちゃん、彼女はあの年齢であの表情ができるのかとハッとさせられる程である。
それに引き換え、普段人情派の役所が多い吉岡くんをあんな使い方するなよという印象。

内容は、何というか終始何かがずれている印象を受けた。
あの姉妹が、とてもいいお母さんと一緒にいたような回想場面がなんども出てくるにも関わらずバックグラウンドや事情が全く見えてこない。
あれではせっかくの子供達のいい芝居が台無しになってしまう気がする。
食堂も普通の食堂というよりは昼間っからいい大人達がガン首揃えて呑んだくれている。
あれでは子供食堂としていい環境だといえるのだろうか?
あの姉妹が施設送りになったことに対し、夫婦が何か力にならないかと考えてこどもしょくどうになったのか?それとも子供達からの強い主張によりこどもしょくどうの動きになったのか?
など必要な部分をばっさりカットしすぎてやしないだろうか?
最後の主題歌の異様な明るい雰囲気もパッケージのいかにも優しげな雰囲気にも終始違和感を感じさせられた。
難しい問題ですよね、個人ではそこまでできないですよね、だって皆自分が生きるのに必死で働いているから、そんな余裕が金銭的にも精神的にもないです。

親が悪い?国が悪い?人間が悪い?わかりません、
ただ子供を育てる時代ではないのかもしれませんね。
jinko

jinkoの感想・評価

-
DVD鑑賞。
ママン

ママンの感想・評価

3.0
WOWOW録画鑑賞👀

私たちが当たり前と思ってる事の全てが『かみのめぐみ』であり、また《不幸だ》と思ってる事の全ても神のお恵みなんだよね。。。

世的に言うなら→子供たちに罪は無いし、捨てる親が悪い。

この作品に描かれていた毒親は「よくいる親」の典型で、私のうちも似たところがあった。

しかしながら、
どこからどこまでが《救い》なのだろうか⁉️

女の子の2人をもっと早く警察に届けないといかんよなーと"マジ突っ込みしたら"終わりなんだけど、ほんと日本の児童養護施設の闇も深いからね、、、🤦‍♀️💨

小学生くらいで立派なくらい悪意は育つもんだからね、だから子供も含めて『罪深』なのよ😇

最初、あの食堂の息子がいじめられっ子に「ほんと来なくていいんだぞ」と言ってたのだって、自分本意で言ってるだけで、いじめられっ子からしたら、家に居たくないから来てるのに、余計なお世話だということだ(辛口)

偽善は世の中のそこここにある。

悔い改めよう✝️
まみ

まみの感想・評価

3.0
こども食堂になるまでの過程のお話し。
こども達が自分達でできることをやっていてもままならず…早く行政に相談して、と思いつつ、こども達の気持ちを考えるとそれで解決じゃないことが切ない。

こういう場所は善意だけでは限界があるだろうから、そういう善意を支えられる仕組みが必要なんだろうな。
面白かった。鈴木理央ちゃん、素晴らしい存在感。幸せになって欲しい〰️10年後に再開して恋に落ちる…とか。いやん。
こやち

こやちの感想・評価

4.0
子供の貧困問題。豊かそうに見える日本でも経済問題やネグレクトできちんと食事の摂れていない子供たちが増えている。そんな子供たちのために増えてきているのがこども食堂。ああ、始まりはこんな風だったのかもしれないと思わせる。

姉妹の両親の事情はさっぱり分からない。でも子供たちの目線で進むストーリー。子供にとって親の事情なんて分からないんだ。頑是ない妹にやるせ無いお姉ちゃん。鈴木梨央ちゃんは名演でしたねぇ。台詞の少ない演技なのに見せてくれます。ユウトとタカシ、子供たちの世界の機微が不思議で面白い。

お姉ちゃんに「死んじゃおうか」と言わせてしまう。『誰も知らない』の様に救いの無い状況に落ち込んでしまいそうだったけれど
ラストの張り紙にほっとしました。
>|