50回目のファーストキスの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

50回目のファーストキス2018年製作の映画)

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:114分

あらすじ

ハワイでコーディネイターをするプレイボーイ弓削大輔(ゆげだいすけ)はある日、カフェで藤島瑠衣(ふじしまるい)という女性と出会い恋に落ちる。しかし、翌日同じカフェで会った彼女は大輔の事をまるで覚えていない。実は彼女は交通事故の後遺症により、新しい記憶は1日で消えてしまう短期記憶障害を負っていたのだ。彼女を想う父と弟の手で、その事実を隠され、同じ日を繰り返す瑠衣。事情を知った大輔は、毎日、自分を覚え…

ハワイでコーディネイターをするプレイボーイ弓削大輔(ゆげだいすけ)はある日、カフェで藤島瑠衣(ふじしまるい)という女性と出会い恋に落ちる。しかし、翌日同じカフェで会った彼女は大輔の事をまるで覚えていない。実は彼女は交通事故の後遺症により、新しい記憶は1日で消えてしまう短期記憶障害を負っていたのだ。彼女を想う父と弟の手で、その事実を隠され、同じ日を繰り返す瑠衣。事情を知った大輔は、毎日、自分を覚えていない彼女に一途に愛を告白し続ける。瑠衣にとっては毎日が大輔との初対面。大輔の機転と努力により結ばれた二人だが、大輔の本当の夢を知った時、瑠衣はある行動に出るー。

「50回目のファーストキス」に投稿された感想・評価

nanako

nanakoの感想・評価

2.9
山田孝之、長澤まさみ、ムロツヨシ、佐藤二朗というキャストに惹かれて鑑賞。ベタな展開で、恋愛ものが苦手な私は入り込みきれないまま終わってしまった。ふつうに素敵な、普通の恋愛映画ってかんじ。素敵だけど映画館で見るほどかと言われれば、、、
ただ、すごく笑わされたし、地震で強張ってたから、ハワイの美しい景色も手伝って、ほっこりゆっくりさせてもらいました🌈
雨空

雨空の感想・評価

-
俳優女優陣たちプラス監督があの方なので、ポスターやトレイラーから受ける恋愛映画の印象のまま観たらたぶん違うのだろうなと思って観たら...いや、面白すぎるでしょ最高ですか。期待を裏切らない純愛!映画でとても楽しかった。
笑って泣ける福田監督映画。
予告だとかビジュアルだとかのイメージは割と裏切られた。
最初福田監督って知らなかったけど開始5分くらいで「福田監督だわ」と思った 笑
でもちゃんと泣かせてきて卑怯だった⚡️
長澤まさみかわいいし、山田孝之はやっぱり圧巻。
そして佐藤二朗、相変わらずです。
KASUMI

KASUMIの感想・評価

4.5
ザ・福田組だけど泣ける、
オリジナルをリスペクトした
笑って泣けるとても綺麗な作品。

福田監督、
ラブストーリーもできるのかぁ。
短期記憶障害に関して、もっと主人公の苦労が見えれば尚良かった。そこは視聴した人の想像に任せます、みたいな感じだったのかな。

あと、佐藤二朗が楽しかった。
か

かの感想・評価

4.0
めっちゃ面白かったです。

しっかり笑えるし、しっかり泣けるし
福田監督最高ー!!と思える作品!

安定に佐藤二朗とムロツヨシは面白いのですが、
なんといっても太賀!!
ほとんど持ってかれましたね。爆笑。
登場したときはこいつは誰なんだ?から始まりましたが、いいキャラすぎてすぐ虜になりました(笑)

1日で忘れちゃうことに気づかせない周りの優しい嘘に感動した。
yumikey

yumikeyの感想・評価

4.2
なんか....私の今まで思っていた恋愛映画ではなかった。かなり裏切られた。
とってもとっても良い意味で!!!!!
私が人生で最初に映画館で観た映画は中二のときの「世界の中心で愛を叫ぶ」だったんです。

その時の主演は長澤まさみで主題歌は平井堅。ドラマ版は山田孝之。
なんか不思議なんだけど、今まで恋愛ドラマって誰かが病気になって、あんまりハッピーじゃなくて、涙涙で...みたいな。

だから何?!この映画?!
こんな笑っちゃう感じ?!?!
って思ってたらあっという間にエンドロールでした。
でも、めちゃくちゃ泣いて、運命って素敵だなと。心が温かくなりました。
StanDaishi

StanDaishiの感想・評価

3.1
‪「50回目のファーストキス」見に行ってきました!‬
‪とにかく笑えて泣ける🤣‬
‪笑わして来た後に泣かせてくる、そして隙あれば笑える、そしてまた感動する。でもその笑いが感動を邪魔したりはしなくて、いつも面白いこと言うムロさんがいいこと言うシーンとかは、とっても感動する。‬
‪この2人お似合いです😍‬
オリジナルのことを何回か思い浮かべちゃったけど、いいデトックスになったなぁ~。。平井堅も最高です
平日午後、奇跡的に時間が空いたので色々あり鑑賞。ハリウッド版は未見です。

監督、脚本、福田雄一。名前だけで金が儲かる日本の映画監督トップ5には名を連ねるであろう人。「勇者ヨシヒコ」シリーズで伸びてきた印象ですが、これには私も、尺や資金の制約が厳しい深夜枠のドラマでこれだけやれたのは素直に褒めます。が、それ以降の福田作品はだいたいこれが付いてきます。今作も然りです。「ヨシヒコ」ファンにはたまらないでしょうが、私はうーん、といった感じです。

福田監督の作品を見ていて思うのは、脚本の情報量がどれだけ本編に反映されているのか、です。おそらく、ほとんど脚本通りなんではないかと思ってしまいます。原因としては、絵で見せるということをしていない。はっきり言えば、会話しか面白くないんです。軽妙な逸脱したユーモアとツッコミどころたっぷりのトーク、だけです。一箇所、感電シーンのあとにルーズショットを入れたのはグッドでした。

個人的に、今作は良くも悪くも普通です。つまらなくはないけど、面白くもない。すこし映画的に話をすると、その一因はシドフィールドの三幕構成通りということが挙げられます。冒頭からセットアップがあり、ドラマ部分、いわゆる葛藤があって、きれいに解決へとつなげる。このままなんですよね。プラスαでご丁寧なわかりやすが付いてくるこで、余計にありきたり感が生まれてしまっています。昨今はこんな映画ばかりですが、今作は際立って如実に現れていたのではないでしょうか。

24