あらりん

恋は雨上がりのようにのあらりんのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.0
梅雨の季節に近づいた頃に公開する恋雨。
漫画原作は既読です。

45歳のファミレス店長と17歳の女子高生。
親子くらい歳が離れた2人のほんわかしたやり取りが好きです。

コミック実写化映画は受け入れにくいもの。
でも、小松菜奈さんと大泉洋さんのイメージが合っていて、すんなり恋雨ワールドに引き込まれます。

特に橘あきらをキャスティングするなら小松菜奈さんしかいない。
雨に打たれる長い髪。
風を切って走る美脚。
無表情からの胸きゅん笑顔。
あきらの魅力全開です。

原作は台詞も少なく、あきらの店長への恋心が静かに語られますが…
映画の大泉店長は会場中を爆笑の渦に巻き込みます。
オジさんあるある全開で、とにかく洋さんがお茶目。

そこに輪をかける久保さん役の濱田マリさん、吉澤役の葉山奨之さん。
磯村勇斗さん、松本穂香さん。
ファミレスガーデンのステキな仲間たち。
豪華な助演俳優陣が周りを彩ります。
原作ファンをガッカリさせないナイスキャスティングに頭が下がります。

28歳差。
さえない店長は彼女の真っ直ぐな気持ちを受け止められるのでしょうか。

帝一の、せか猫の永井聡監督。
優しい人柄が本作にも滲み出ている。
主題歌「フロントメモリー」が走り抜けてく青春にぴったり!

人生って順風満帆とはいかない。
悪天にも見舞われる。
多感な思春期、どしゃぶりの心に誰かが傘をさしてくれたら?

夢を失った真っ直ぐすぎる17歳。
夢を忘れた冴えない子持ち45歳。
…不器用な2人がほんのひと時、人生の雨宿り。
出会いが再び夢を追いかけていく原動力になるんだね。

こんなちっぽけな自分だけど、雨が降ったら誰かの傘になろう、そう思えた。
雨上がりの青空のような爽やかな映画でした。