BBull

恋は雨上がりのようにのBBullのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.8
神秘的な小松菜奈が放つ、美しさとまっすぐさに圧倒されます。
また、彼女の真剣な表情、鋭い眼差し、心からの笑顔、自然体な姿、涙、綺麗なランニングフォーム、全てが魅力的に切り取られて映し出されており、観ていて退屈しません。

冒頭から、想像と違い、爽やかでロックな仕上がりとなっていました。
キレのある小松菜奈の演技と身体能力の高さに支えられ、作品全体を通して清々しいストーリー展開となっています。

橘(小松菜奈)と、態度を一変させない店長(大泉洋)とが対比的に描かれているのが印象的で、絶妙な間合いと描写によって生まれる笑いが、テンポよく連続します。

一方で、爽やかに映し出す日常の光景が美しくもあり、主人公たちの行く末を案じて、切ない思いにもさせてくれる、「世界から猫が消えたなら」に共通するような演出となっていました。

「どうしようもない」心の悩みは、親友がいたとしても、どうしようもすることが出来ず、誰かが解決できる問題ではない、まさに「雨」と同じだと思いました。

若いからこそ出来ること、また、歳を取っても変わらないでいてくれるものがあるということを、年齢や立場の異なる、登場人物たちそれぞれの視点から教えてくれる、前向きになれる映画でした。

現状に悩みを抱え、先の見えない未来にモヤモヤする主人公たちが、少し立ち止まって、ホッとひと息つく、人生の雨宿りを描いた作品だと思います。
大スクリーンで観ることを強くオススメする一本です。


追記(2回目鑑賞)
パンフレットより監督からのコメントで、橘と店長が、成功するかは分からないけど、「もう一度始めてみる」という決断をした事がとても尊いことで、年齢など関係なく、あらゆる世代に共通する大切なことなのではないか、という発言に共感しました。