ハリー

恋は雨上がりのようにのハリーのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.0
やっぱり永井監督の作品はいい。
オープニングのカッコよさはもちろん、鑑賞後の余韻というか、後味の良さというか、清々しさが残る。

バイト先の店長の大泉洋と彼に恋しちゃった女子高生の小松菜奈の2人のかけあいが観ててとても面白く、コメディ映画かなって思う部分もあるけど、映画の根幹には諦めかけていたものに再び立ち向かう、挑戦するっていうしっかりしたテーマがある。

ストーリーや会話が面白かったのはもちろんのこと、「帝一の國」でもそうであったように、それぞれの登場人物がしっかりと個性豊かに描かれていて、改めて監督の手腕、俳優さんたちの演技力に驚く。

洋さんと戸次さんのかけあいはそこはやっぱりTEAM NACSのメンバー。普通に話してるみたいですごく自然体。

朝ドラなどで注目されている若手俳優さんたちも多く出ててその点も嬉しい。

清野菜名ちゃん!スポーティーな役が最も合ってる女優だと思ってます。アクションもこなすし。

小松菜奈ちゃんは「バクマン。」の小豆役が「違うんだよな〜」ってとこで少し苦手だったけど、本作の繊細なキャラのおかげで解消されました笑