ヤマギワ

恋は雨上がりのようにのヤマギワのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
3.1
映画には相性というものがあって、自分でアンテナ張って、出来るだけ合わないものは避ける必要がある。しかし色々な事情から避けられないものもある。私にとっての「恋は雨上がりのように」がそうであるように…

ということで私はイマイチでした。それでも良いと思った点ももちろんあります。まず小松菜奈。このキャスティングはバッチリでしょう。容姿もそうですが、スタイルが抜群で彼女の走る姿は、速いかどうかはともかく人の目を惹きつけるでしょう。小松菜奈がスクリーンで観たくて仕方ないという人にはオススメです。小松菜奈の部屋着とか最高。

まあ私的良かった点は以上なんですが…でも逆に際立って悪い点もないように思えます。無難オブ無難。
強いて言えば、45歳オッサンと女子高生の恋愛模様で、年の差に苦しむ恋がもう大変!みたいなとこに焦点が置かれてるわけでもないので、物語の推進力はかなり弱い。

小松菜奈が演じる主人公の精神的葛藤に重点が置かれてるので、これはピーンチ!みたいな展開もないので、山なし谷なしで結構退屈。
映画の端から端まで大した出来事は起きなくても面白い映画は山ほどあります。それらに共通するのはスパイスだと個人的に思います。静かに流れる緊張感だったり、不意にドキッとさせるような演出だったり、言葉などを入れることで観客の観る興味を巧みに持続させているのではないかと。

ただ恋愛模様が中心ではなく、諦めてしまった夢や人間関係の再生がテーマであり、この物語の美点だと思うから、退屈な展開もしょうがないのかな。一点文句を言うならば、清野菜名が女子高生に見えねーよ!最初、小松菜奈の部活の顧問かと思ったわ!