えり

恋は雨上がりのようにのえりのネタバレレビュー・内容・結末

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.2

このレビューはネタバレを含みます

原作は一巻のみ、アニメは未見という状態で鑑賞。
結果、映画としてとても楽しかったです。
これが恋愛モノになるなら個人的には評価は渋くなっただろうけど、原作はいざ知らず、映画としての本作は未来への可能性は断ち切られたわけではないにせよ、二人の立ち位置は交わらないままに終わりを迎えます。
だからこそあきらから見る青春の瑞々しさ、そして店長から思い出す青春時代の胸がちぎれるようなままならなさにため息をつくのでしょう。

二人の関係性とは別にもう一つ、ちひろを演じた戸次重幸さん。さすが大学時代からの付き合いだけあって、店長とちひろの微妙な距離感がぐっと縮まるシーンの演技が素晴らしかったです。
居酒屋でのシーンのお二人の掛け合いの息ぴったり感はおさすが!

青空と澄んだ空気の心地よさを感じるような映画でした。好きです。