コッペパン

恋は雨上がりのようにのコッペパンのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
3.7
ファーストシークエンスのガメラのズーム。これだけで、この映画の傑作ぶりを予想するには十分だ。小松菜奈が実によい。

宣伝にもある通り、「人生の雨宿り」というコピーがぴったりな作品だ。ある事情で走れなくなった少女(小松菜奈)と、彼女のバイト先であるファミレスの店長(大泉洋)の話を軸としつつ、人生のターニングポイントにぶつかったふたりが、再び自分らしく歩き始めるまでが描かれる。

全体を通して脚本がいい仕事をしているが、終盤近くの海のシーンが白眉だ。そして店長から「ある言葉」(本作でも指折りの名ゼリフだ)をかけられた時の、少女の笑顔。ただそれだけで気持ちとこれから歩んでいく道の方向を、完璧に表現している。そしてキャラクターひとりひとりに丁寧な見せ場があり、中でも清野菜名と小松菜奈の夏祭りでの演技合戦は絶品だ。

単なる青春映画ではなく、人生で壁に当たった時に大人が観て染みる映画に十分なっている。「ちはやふる 結び」「坂道のアポロン」などと並び立つ、傑作青春映画である。