ノラネコの呑んで観るシネマ

恋は雨上がりのようにのノラネコの呑んで観るシネマのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.4
ここしばらくの漫画原作の恋愛系映画の中で、ダントツに面白い。
これはやはり坂口理子の脚本力。
怪我で挫折した陸上選手の女子高生と、冴えないファミレス店長のおっさんの恋というから、もっとベタベタのファンタジーかと思っていたらさにあらず。
厳密に言えば、二人の間に流れている感情、というか小松菜奈がほとんど一方的に募らせる思慕の念は、本当の恋じゃないかも知れない。
この映画が素晴らしいのは、そんな子供のストレートな気持ちにおっさんが真摯に向き合って、大人としての対応をすること。
最近、山口メンバーやら日大やら、大人があまりにも大人気ない現実に幻滅していたので、フィクションの中でもちゃんと大人している大泉洋に救われた気分。
しかも単に子供を導くだけでなく、彼は彼で若いエネルギーに背中を押され、小さな一歩を歩み出す。
人と人の縁がポジティブに作用し、皆んなが少しだけ幸せになる、気持ちの良い作品だ。
ブログ記事:
http://noraneko22.blog29.fc2.com/blog-entry-1140.html