ステゴシネマ

恋は雨上がりのようにのステゴシネマのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.0
まずオープニングが好き。
帰宅する生徒や部活に打ち込む生徒が映る高校の放課後。ある教室の中、うたた寝する主人公のアキラ(小松菜奈)。しかし、次の瞬間彼女は力強く走り出す。軽快な音楽にのせ躍動感と疾走感あるれる映像が爽快で一瞬にして心を掴まれる。

小松菜奈ちゃんがほんとうに素晴らしい。
アキラは俊足の持ち主、周りを一瞬にして虜にしてしまうスター性のあるキャラクター。怒っているかと勘違いされるくらい常に無愛想なのに、好きな人にはストレートに自分の気持ちを伝えたり、言葉よりも行動(時には服装で)で笑いに持っていく役柄がとても可愛い。

若さも人望もない。アキラと対照的に描かれる店長役の大泉洋は安定の存在感!すでにキャラクターイメージが観客の中にあるから、画面に映るだけでなんだか面白い。ちょっとずるい。

そして、『ひよっこ』のときは一途で誠実、今回は軟派でチャラい。同じシェフ役でも真逆のキャラクターを演じた磯村勇斗に早々に胸キュン。どちらの役も優しさがあるところは一緒。

恋愛ものかと思っていたけど、個人的には忘れかけていた何かを思い出させてくれる映画だった。

その人は私のことなんて知りもしないだろうけど、その時のあなたの姿が今の私の希望になっている。

あの人は全く気づいていないだろうけど、あの時かけてくれた言葉が私をどん底から救ってくれた。

だから、この恩は一生をかけてでも恩返しをしたい。そう心の中で思っている人がいる私は、この映画を見た時すごく刺さるものがあった。