KEIGOKATAOKA

恋は雨上がりのようにのKEIGOKATAOKAのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.0
スタートからまさに「疾走感」溢れる形ではじまるが、一転、小松菜奈演じるあきらがなぜ現状になっているのかがすぐに理解できた。
.
CMでは「恋」の話が大きめに打ち出されているけど、
それは一端のことであって、
物語は「挫折をしたときに踏み出すこと」のきっかけが「雨」のなかで、それがどこから生まれるのか、を見せてくれるものだった。
.
1にも2にも小松菜奈の存在感、演技の魅力が際立つものだった。
そして監督の小松菜奈を撮る「目線」も素晴らしい。
バイトに入るときに髪を束ねるとき、
店長を見るときの視線、
ベッドで悩むとき、
走って道を切り替えるときのポージング、
デートに臨むときの笑顔、
などなど、とにかく魅力的。
.
そして音楽の使い方、選曲も疾走感ある若さを体現しててワクワクした。
想像してたより良い作品なので満足。