成増

恋は雨上がりのようにの成増のレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.0
原作を見たことのある方はまず、キャスト陣がぴったりはまっていると思ったのではないでしょうか。特にメインのあきらと店長(個人的には濱田マリも笑)

そして、コミックスを読んで感じた空気感というか雰囲気をこの映画からも感じました。

壁にぶつかりながらもレースのように一直線に走っていく。若さからか加減も修正も上手くできない。

怪我から疎遠になる陸上。バイトや仲間たち。店長との恋と全ては青春そのもので、なにもかも始まりにすぎない。

心情が晴れたり曇ったり垣間見えて、青春ってそうだったかもと思えて仕方ない。