DJあおやま

恋は雨上がりのようにのDJあおやまのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
3.8
好きな漫画作品が実写化となればどうしてもその出来を心配してしまうが、この作品に関しては発表されていたキャストのおかげで一切不安を感じなかった。橘あきら役を小松菜奈が、店長役を大泉洋が演じているのだが、もうこれがぴったりで、実際鑑賞してみてもまったく違和感がなかった。同じ永井聡監督の『帝一の国』同様、キャラクターの魅力とともに役者の良さも際立っていた。
実写化作品の良し悪しは、ほとんどキャストで決まるといっても過言ではない。そういった点で、この作品はキャストが百点満点のため、作品としても良作に仕上がっている。なんといっても、大泉洋の店長が素晴らしい。店長のキャスティングは本当に重要で、女子高生との恋を描いているため、変に下心が滲み出てしまうような役者を据えてしまうと、一気に不純異性恋愛感が出てしまって不快な作品になる恐れがある。あくまでもお互いを思う真摯さみたいなものが表現できなくてはならない。その点、大泉洋は本当に良くて、ただもう愛らしかった。
キャストのみならず、脚本も原作に忠実で、作り手の真摯な姿勢や原作へのリスペクトを感じた。こうやって好きな作品が、素晴らしい製作陣によって実写化されるのはこの上ない喜びだ。