toshi

恋は雨上がりのようにのtoshiのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.2
犬ヶ島とどちらを先に観るか悩んでおりましたが、フォロワー様方の評価が高いのでこちらをチョイス・・・。今後犬ヶ島鑑賞も楽しみですが、でも本日は今作を選択して正解でした。

17歳女子高校生と45歳オジサンの恋愛映画?と思ったら大間違い。親子ほど年が離れた二人。女の子がオジサンに好意を寄せた事で素晴らしいお話へと進んでいきます。これが逆だと大変なことになります。因みに最近朝の顔だった方が何かやらかした様な・・・。どうも内容をよく思い出せません。

今作、原作はビックコミックスピリッツに連載とは全然知りませんでした。先ほど原作画像を少し調べてみましたがなるほどです。17歳の女の子あきらを小松菜奈さんがリアルに再現している様に思います。彼女の元々の顔立ちが原作のあきらに似ている?という感じもしました。
そして45歳の正巳演じた大泉洋さん。これまた原作の正巳に近づけている様に思いました。

未だ17年しか生きていない女性、そして人生の折り返し地点を既に過ぎてしまった45歳の男性・・・。歳の差があるからこそ互いが持っている心に残った「あるもの」にどう向き合うかを考えはじめます。17歳のあきらが人を好きになると起こしてしまう行動やリアクションは何とも微笑ましく、45歳の正巳は歳を重ねギラギラしたものが抜け落ち「もうオジサンだから」と言葉にはするものの、抜け落ちた後には優しさがにじみ出てくるのか・・・。正巳の何気ない言動と存在は今のあきらにとって何よりも誰よりも大きかったのだと思いました。

OPの小松さんの走りっぷりが爽快で、出だしから気持ちよく鑑賞出来る今作。本日とても気持ちいい天候でしたが、あえて今日の様な日にお外で遊ばず今作を映画館に観に行くのもオツなのかも知れないと思いながら帰路に就きました。

【余談1】
はまだまりさんが良い立ち位置の久保佳代子役を絶妙に演じておりました。正巳とのシーンは場内も笑いがあってなごみました。
因みにはまだまりさんとは、ラウドネスのひぐっつぁんとお付き合いされていた浜田麻里さんではなく、元モダンチョキチョキズの濱田マリさんでございます。非常に味のある役者さんになられたと思います。
【余談2】
仮面ライダーゴーストで堅実なアラン様(仮面ライダーネクロム)を演じた磯村勇斗さんが、今作でちょっとチャラい加瀬役でご出演。いつになってもライダーや戦隊で頑張った若い俳優さん達をスクリーンで観ると親の様に嬉しくなります。