サラリーマン岡崎

恋は雨上がりのようにのサラリーマン岡崎のレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.5
社会人一年目の頃、少女漫画好きの先輩に貸してもらったのがこの映画の原作。
「お前にはこの話を理解するのにはまだ早い」と言われたことを覚えてる。

永井聡監督作は正直あまり好みではなかった。
『ジャッジ!』も『世界から猫が消えたなら』も(『帝一の國』は未見)やはりCMディレクター出身といえこともあり、かなりのCM色が強く、
そのカッコつけた演出にカッコつけ以上の意味がなく、乗れなかった。
(『ジャッジ!』は広告業界の話ではありますが…)

しかし、今作はそのCMっぽさがすごく活きた作品になったと思う。

物語は挫折をした少女とおっさんが、
お互いの持っているものに惹かれあい、
段々と自分を見直していくことが軸。

その中で挫折という暗いテーマを
軽やかにテンポよく見せていくのは、
もちろん原作の物語の影響もあるが、
永井監督の演出方法にもあると思う。

まず、大泉洋と小松菜奈の組み合わせが絶妙。
2人ともどこか普通の俳優とはそれぞれ違った意味で逸脱している。
大泉洋は「陽」で、小松菜奈は「陰」の要素を兼ね揃えている。
挫折の中で見つけた恋、
それも顔や年齢でなく、土砂降りの心に傘をさしてくれたその優しさに恋をした「陰」の主人公とその優しさを体現する「陽」の店長の掛け合いはときにコントで、
ときにとてつもないきらめきを発する。
だって、そのときに2人の真の内面が放出されるからだ。
その組み合わせはやはりCMをやってきた永井監督だからこそ見つけたものだろう。

そして、オープニングや、
主人公が転機を迎えることとなった瞬間に
訪れる音楽と映像のコラボ。
青春時代にまだ人生の何もわかってない時期に、
もがいていること、もがいた先に見えたもの、
その様々なことを経験していく疾走感を
CM的にリズムよく見せている。

社会人になるまでは挫折はなくはなかった。
しかし、社会人になると今までの何倍もの挫折を味わい、苦しんだ。
その中で特に誰かの優しさに恋したことはないが、
先輩や同期、友達の優しさが身をもって感じられるようになったし、
昔は映画やドラマを見ても泣けなくなっていたけど、最近はかなり涙もろくもなった。
この映画の主人公のように、まだ最後の殻を破けてはないけど、
3年前に原作を読んだときとは違う感覚を今回感じることができたから、
もう理解するのには早すぎるなんて言わせない。
それもその感情を豊かに描いてくれた永井監督のお陰かもしれない。