ミヤザキ

恋は雨上がりのようにのミヤザキのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.4
劇場鑑賞38本目。

まずオープニングが最高。アクション映画か!って思うくらいの走り、演出。一気に持ってかれました。

物語としては、女子高生が45歳の冴えないおじさん店長に恋をするというものですが、恋愛映画で片付けるには勿体無いほど、綺麗な青春映画でした。

主人公あきらは足を怪我した陸上部、でもリハビリをしっかりすればまた走れる。でも部活に打ち込む熱量ってやっぱり繊細で、一回挫折をすると戻れなくなるんだよな...と色々共感。笑
そんなあきらが恋をしたのは小説家という夢を諦めていたアルバイト先の店長。

この、いつも雨が降っているような2人が出逢って、雨宿りしながら青春を取り戻す、そしていつか空は晴れ渡っている。そんな爽快感。気持ちよさ。

見終わった後の清々しさを感じて、この映画、素晴らしかったなあと感じました。