ムー

恋は雨上がりのようにのムーのネタバレレビュー・内容・結末

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

「ただただ小松菜奈を崇めにいくだけの映画」とレビューするつもりだったのだが、
素晴らしかった。

まず、ポルカドットスティングレイの
あの激しい曲に小松菜奈の風を切るような走りから始まるあの爽快なオープニングから心を掴まれる。

小松菜奈の演技がすごくて、もともとキャラのイメージと小松菜奈のイメージが似ていたのもあるけど、それだけでなく、あのキレイな走り方が小松菜奈がどれだけ真摯に役に向き合ってきたかがわかる。

内容もただの年の差ものの恋愛映画なのかと思っていたが、
主人公が挫折している時は、店長の裏表ない優しい言葉が主人公を支え、
主人公の若い勢いのある姿勢が店長を元気付けた。
それぞれの世代の青春が
入り混じったシーンを用いていた。
この映画は

「恋愛をツールにした
主人公と店長の成長の物語」

だった。

雨で例えるようなシーンがたくさんあり、タイトルも含めてセンスしか感じない。

この映画を勧めてくれた先輩には感謝しかない。
大スクリーンで小松菜奈を見れたこと、この映画を見れたことは嬉しさしかない。

見終わったあと、素直に前向きに一歩を踏み出さしてくれる映画でした。



追記(二回目鑑賞)

やっぱり二度目見ても素晴らしい映画でした。
構成に無駄がない上にこの構成だからこそ自然に登場人物達の行動、感情に共感してしまう。
そして、登場人物達のセリフに本当に無駄がない。
全てのセリフが機能している。
最後のシーンはより感動してしまった。


やっぱりこの映画すごい〜〜