柊

恋は雨上がりのようにの柊のレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
3.7
およそタイトルに「恋」と名のつく映画に興味を持つことの無い自分が足を向ける気になったのはキャスティングに魅力を感じたからで、その勘ははずれなかった!信じて良かった!です。

ちなみに原作未読。

最初から最後まで小松菜奈さんに魅了されてました。
そして大泉洋さんが醸し出す可笑しみ。

年齢的に大泉洋さん演じる店長に近いので、彼の台詞一つ一つになんか共感してました。(そこまで卑下しなくても…と身につまされもしながら。)

若さは眩しい。苦しいことがあってもいつか懐かしい気持ちで思い出せることを自分は身を持って知っている。
でもそれは言葉では決して伝わらないことで、もどかしく見守るしか出来ない。伝えられないならばこの経験はなんのためだったのだろうか…等つらつら考えたりして。

しかしそこは店長の人柄故か、実に爽やかな気持ちで映画を見終えることが出来ました。

彼女が恋した相手が店長で本当に良かった。