Junkei

恋は雨上がりのようにのJunkeiのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
3.8
原作は読んでないけど、アニメにハマってしまった。店長に完全に感情移入してしまう同世代のおれ。文芸部じゃないけど、文学部の現代文学専攻してたので、すこしはかじったぞあの本棚。

役者がアニメのイメージそのままで、最高だった。特にちひろ役の戸次は、寄せすぎてて笑けた。

夢をあきらめた橘あきらとファミレスの店長近藤。しかしどこかで、それぞれの夢に執着している。
キラキラした恋愛映画ではなく、あきらと近藤店長の日常が、出会って影響されあって、すこし前向きになっていく。

全体的にコミカルで、キレも良くて、笑える。そして泣けた。
心が沈んで悩んでいる時は、雨が降っている。

あと、音楽もよかった。意外にロックが合った。

アニメのラストと映画のラストは違った。
原作はどうなんだろ?

見終わったからの戯言ですが、店長も純文学の作家を目指すなら、橘あきらと恋に落ちて、無茶をして、それをリアリズムで文学で表現すべきだ。それが自然主義だ。田山花袋の「蒲団」のように。