れじみ

恋は雨上がりのようにのれじみのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
3.7
小松菜奈が軽快に走り抜けるオープニングに惹き込まれる。小松菜奈だからこそ嫌味に感じない無愛想ヒロインっぷりと大泉洋のどこまでも普通のおっさんの組み合わせが面白い。恋も友情も部活もバイトも、青春全部盛りのまさにファミレス系雑食青春ムービーだった。秀作。

JKとおっさんによる恋愛の社会的位置付けにかなり配慮した物語だった。恋愛に比重を置きすぎずバランス良くヒロインの青春を描いてるものの、若干散漫な印象も受ける。それこそ第1部完と言った感じ。登場人物それぞれが目に見えた成長をしたかと言われると…。

小松菜奈の演技力には相変わらず恐れ入る。この前観た「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」とは全く違う表情だった。くるくると変わる表情に大泉洋でなくてもノックアウト寸前。ただ、そんな小松菜奈の横を豪快に追い抜いていった新星・山本舞香の存在感たるや。予期せぬ衝撃的な出会いで、後半気が気ではなかった。

冒頭の長回しはじめ映像も良し、音楽も良し、テンポ良しだが、台詞回しがちょいちょい気になるところも。それとラストの消化不良感。ただ、大泉洋と戸次重幸の配役なんてズルすぎるし、よくまぁ小松菜奈の母親役に吉田羊を見つけたなぁと感心しきり(そっくり)。