ボンクラユースケ

恋は雨上がりのようにのボンクラユースケのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.3
恋愛映画と思いきや「夢」、別名、「呪い」というテーマを前面に打ち出した青春映画の傑作。
「したいこと」、「なりたいもの」への執着心は時に「できない」、「なれない」故に未練として私たちに悪夢を見せるが、その執着心があればこそ、青春は閉じず、いつまでもそばにあり、時として思いがけない友情を芽生えさせてくれるのだ。