いで

恋は雨上がりのようにのいでのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.5
どうせ少女漫画原作映画のおっさんの妄想話版でしょくらいに思ってたけど、ちょこちょこいい評判を聞くので観てみたらめっちゃいいやん!まさかこの映画で泣くとは思わなかった。

最初の小松菜奈さんの全力疾走からいい意味で「アレ?思ってたのと違う」って感じでアッと言う間に引き込まれた。確かに恋愛話ではあるけど、どちらかと言うと挫折と再生の物語だった。しかもそれが才能のある人とない(と思われる)人の両方の挫折を描いているし、はっきりとした出来事があるのとないのも描かれていて、バランスがいい。個人的には好きなものや夢中になれるものがあるってうらやましく思えた。執着できるものがあるってそれだけで心の支えになるんだろうな。

主演の2人も良くて、小松菜奈さんはこの役にすごくあってた。無愛想で大人びて見えるけど、まっすぐだし子どもな感じも良かったし、いやらしくないエロい足も良かった。大泉洋さんはダメなヤツっぽいのに、ちゃんと見るとスゴく魅力的な役がうまい。

戸次さんも初めはなんじゃその髪型と思ったけど、2人のやりとりにはグッときたし、SRファンとしては山本舞香さんが出てたのもうれしかった。

最後の落としどころもちょうどいい感じ。やり過ぎると逆に薄っぺらくなってたように思うし、あの先はまた別の物語だと思う。あと、撮り方がうまい。出だしとかファミレス内の撮り方とか映像にも引き込まれた。それとかまってちゃん好きとしては音楽も良かった。